スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願い

ブログ執筆のヤル気継続のためAds by Googleのクリック協力お願いします。。。







スポンサーサイト

3月18日の個別銘柄動向の考察

*大阪チタニウム<5726> 3190 +225
787生産開始などでチタン需給改善期待、直近でCSやGSがポジティブコメント。

*東邦チタニウム<5727> 1797 +102
大阪チタの株価急伸などに連れ高する格好へ。

*AOC HLDG<5017> 598 +39
シティでは投資判断を「2M」から「1M」に格上げ、730円目標にする。

*大東紡織<3202> 103 +6
中国アウトレット事業参画への期待感継続で。

*五洋建設<1893> 131 +7
若築建設の業績上ぶれ観測受けて、浚渫各社が賑わう状況にも。

*リョービ<5851> 324 +17
目立った物色材料見当たらず、需給妙味が主導する格好だろうが。

*東邦亜鉛<5707> 456 +23
前日には今期の業績上方修正、並びに、配当予想の引き上げを発表。

*システムプロ<2317> 57800 +2900
引き続き、いちよしレポをきっかけとした値幅取り商いが続く。

*稲畑産業<8098> 419 +20
値動きの軽さに関心向かうなか、PBR水準の割安感に注目度も高まり。

*信越ポリマー<7970> 663 +31
コスモでは前日付けで投資判断を「B」から「A」に2段階格上げ。

*合同製鉄<5410> 219 +10
東京製鐵が格上げで上昇、連想感が波及する格好にも。
*東京精密<7729> 1573 +65
米半導体株高など支援に前日より動意、高値更新で踏み上げ狙いの動きにも。

*日本製鋼所<5631> 1062 +29
原発新興国で建設増加との報道から、同関連の一角として関心も。

*東京製鉄<5423> 1125 +44
CSでは「アウトP」に格上げ、1440円目標としている。

*東亜建設工業<1885> 107 +4
若築建設の業績上ぶれ観測から連想買いの動きにも。

*若築建設<1888> 55 +2
今期営業利益は従来計画を上ブレとの観測報道を手掛かりに。

*アイフル<8515> 145 +5
日銀の追加金融緩和策などは消費者金融にプラスとも。

*ツガミ<6101> 517 +14
UBSでは、工作機械受注額では同社の回復が突出と。

*しまむら<8227> 8270 +220
3月の月次発表接近なども期待材料視か。

*三井ハイテック<6966> 750 -39
前日に1月期の決算を発表、最終損益は従来計画下ブレで。

*東芝機械<6104> 393 -16
通期営業損益は3億円の黒字から20億円の赤字に下方修正。

*東栄住宅<8875> 857 -30
想定以上の好業績見通し受けて前日に急伸した反動も。
*東芝<6502銘柄情報

【6502】(株)東芝

関連ニュース
銘柄別掲示板
ポートフォリオに追加
> 453 +9
一般白熱電球の生産終了などリストラ策も評価か。

*三井不動産<8801> 1609 -43
モルガンでは不動産セクターの投資判断を格下げ、同社には大きなリスクとも。

*三菱地所<8802> 1490 -44
モルガンでは投資判断を「イコールW」から「アンダーW」に格下げ。

*スカパーJSAT<9412> 40800 -1200
昨年後半の高値水準では戻り売り圧力も強まる状況に。

*池田泉州HLDG<8714> 180 -5
短期リバウンドにも一巡感、需給不安拭えず戻り売りへ。

*アマダ<6113> 747 -18
短期的な過熱警戒感もあって利食い優勢に。

*リンガーハット<8200> 971 -23
売出価格が前日に決定するが買い戻しの動きなどは強まらず。

*三協・立山<3432> 127 -3
住宅エコポイント関連として前日に急騰の反動も。

*東京建物<8804> 341 -8
モルガンの不動産セクター格下げが響く格好にも。

*あおぞら銀行<8304> 135 -4
新生銀行との合併破談観測以降は強い動き続いたが、やや過熱感なども。

*みずほFG<8411銘柄情報

【8411】(株)みずほフィナンシャルグループ

関連ニュース
銘柄別掲示板
ポートフォリオに追加
> 191 -1
1月の高値水準では戻り売り圧力も強まる状況か。
*住友金属工業<5405> 277 +6
4月からシームレス鋼管を20%値上げなどと伝わっている。

*武田薬品<4502> 4200 +30
モルガンではアクトス後発品に遅延の可能性とも。

*クラリオン<6796銘柄情報

【6796】クラリオン(株)

関連ニュース
銘柄別掲示板
ポートフォリオに追加
> 194 +4
需給妙味をはやした上値追いの動きが継続する格好だが。

*河合楽器<7952> 212 +7
取り組み妙味など需給主導の株価上昇が続く。

*日産自動車<7201> 780 +6
引き続き大型再編への期待感なども強まっており。

*GSユアサ<6674> 644 +8
宇宙輸送向け電池を米社から受注などとも伝わっているが。

*日本郵船<9101> 348 -1
バルチック指数の続落などをマイナス材料視。

*川崎汽船<9107> 363 +8
年初来高値更新で売り方の買い戻し期待など高まる状況にも。

*昭和電工<4004> 201 +2
前日に一部で伝わったHDD関連製品の増産前倒しなど引き続き材料視。

*ソニー<6758> 3455 +30
ネットテレビでグーグルと提携などとも伝わっている。

*ホンダ<7267> 3220 -30
北米で「オデッセイ」など44万台リコールと伝わっており。
*住友金属鉱山<5713> 1372 +22
非鉄市況の上昇や先高期待から見直し買い。

*ウェブマネー<2167> 163500 +19700
DeNAの「モバゲータウン」向け課金サービス決済を手掛けることを材料視。

*パルタック<8283> 2076
本日新規上場、公開価格2200円を下回る初値つけ。

*ニコン<7731> 2152 -33
半導体露光装置技術説明会を開催も利食いのきっかけに。

*ソディック<6143> 271 -17
短期的な過熱感も強まり利食いの動きが集まる格好へ。

*カテナ<9815> 270 -10
システムプロとの株式交換比率に鞘寄せの動きだが。

*TOWA<6315> 651 +44
DIAMアセットが5%超の大株主に登場。

*井上金属<6246> 458 +80
前日に発表した業績上方修正と配当予想引き上げを材料視。

*ガーラ<4777> 50800 -4000
前日に発表した10年3月期業績見通しの下方修正を嫌気。

*MPH<3734> 30900 -2200
10年7月期中間、並びに通期業績の下方修正を嫌気。

*シーエスアイ<4320> 45450カ -
電子カルテなど医療機関のIT化支援を手掛けることを引き続き材料視。
*日立製作所<6501> 333 +2
電力の採算改善など総合電機の来期業績に絡んだ新聞報道も受け。

*日本通信<9424> 9270 +630
「SIMロック解除」のパッケージ製品発売を材料視。

*ヒュートレック<2468> 132000 +6300
記念配当の実施を発表し配当利回り妙味が拡大。

*アスラポート<3069> 9260カ
株主優待制度の開始を受け、連日で権利取りを狙った資金が集中。

*フィールズ<2767> 114800 +2800
TYOから円谷プロダクションの株式を取得と発表。

*タイテック<6893> 302 +12
今期業績予想や配当予想の引き上げを発表で。

*中山製鋼所<5408> 144 +6
電炉の一角として東京製鐵の投資判断格上げから連想買い。

*セイコーエプソン<6724> 1505 -50
CSでは投資判断を「ニュートラル」から「アンダーP」に格下げ。

*三井物産<8031> 1534 +17
原油や非鉄市況の先高感から総合商社株には関心も強まる。

*インフォコム<4348> 71300 +8300
政府は電子書籍普及に向けた環境整備に着手と伝わり、電子書籍関連として物色。
*日本金属<5491> 166 +13
ステンレス関連の低位材料株は循環物色される状況にも。

*大同メタル<7245> 301 +16
自動車関連低PBR銘柄の出遅れ的な感覚から前日より人気化。

*くらコーポ<2695> 321000 +15000
引き続き、最低売買単位引き下げに伴う流動性向上を期待で。

*ラウンドワン<4680> 664 +28
CBの強制転換価格決定以降は買い戻し期待優勢に。

*富士機工<7260> 329 +13
前日には短期調整も、すかさず押し目買い優勢へ。

*アコム<8572> 1492 -73
プロミスの株価下落などで消費者金融株は伸び悩み。

*プロミス<8574> 777 -38
ABSによる資金調達発表で前日に急騰した反動。

*大崎電気<6644> 830 -39
スマートグリッド関連として直近人気化の反動も。

*津田駒<6217> 152 -7
前日上昇の反動で戻り売り、信用買い残など高水準で。

*アルテック<9972> 390 -17
過熱警戒感から利食い売り、長い上ひげ残す格好に。

*太陽誘電<6976> 1349 -53
一昨日には岡三が投資判断を「強気」から「弱気」に格下げ。

3月19日の個別銘柄考察日記


*DeNA<2432> 686000 +55000
前日に業績上方修正発表、昨日急落の反動も。

*プロミス<8574銘柄情報

【8574】プロミス(株)

関連ニュース
銘柄別掲示板
ポートフォリオに追加
> 814 +39
月内にも資産担保証券で500億円調達とも伝わり。

*システムプロ<2317銘柄情報

【2317】(株)システムプロ

関連ニュース
銘柄別掲示板
ポートフォリオに追加
> 54900 +7000
いちよしのポジティブレポートきっかけとした上値追いが継続。

*アルテック<9972> 405 +42
特に材料なし、仕手系色の強さや株価の値頃感で短期資金の関心続く。

*帝国ピストンリング<6463> 660 +66
信用取組の一段の好転から、買戻しの動き活発化へ。

*ソースネクスト<4344> 24000 +2010
新規材料観測されないが、短期資金の値幅取り商いは集まりやすく。

*イーグル工業<6486> 692 +48
株価の上昇ピッチも早まってショートカバー急がれるか。

*日本ピストンリング<6461> 101 +6
帝国ピストンの株価上昇が刺激となる格好で。

*三井金属鉱業<5706> 272 +14
業績予想の引き上げ、並びに復配の実施を発表で。

*東リ<7971> 176 +9
エコ住宅制度関連の材料株としてはやされる。

*日東精工<5957> 267 +13
精密ネジでタイの生産能力を2倍に高め、中国・天津市に販売拠点新設と。

*保土谷化学工業<4112> 316 +15
有機EL関連の材料株との位置づけ、物色資金が向かう。

*オリックス<8591> 7480 +250
金融政策決定会合での追加緩和策に期待感とも。

*アコム<8572> 1503 +62
プロミスの株価上昇に加えて、ノンバンクには再編期待なども波及か。

*小野測器<6858> 318 +15
明電舎と共同開発の電気自動車用試験装置などに期待とも。

*高田機工<5923> 177 +8
前日の日本橋梁人気化など刺激にも。

*東栄住宅<8875> 854 +36
前日に決算発表、今期増益率は想定以上との見方になり。

*東光<6801> 146 +6
調整一巡感から押し目買い、株価の値頃感妙味とした関心続く。

*小糸製作所<7276> 1286 +52
小糸工業の業績改善計画提出など受けて徐々に安心感も。

*カプコン<9697> 1624 +60
KBCでは投資判断「バイ」に格上げ、1900円目標とする。

*スタンレー電気<6923> 1687 +60
CCFL事業からの撤退はポジティブサプライズとも。

*サイボウズ<4776> 36800 -4150
前日に決算発表、今期見通しは期待値まで達せずで。

*富士機工<7260> 311 -12
前日の株価も一段高、さすがに過熱警戒感など強まり。

*東京都競馬<9672> 129 -4
目立った材料はないが、信用買い残などは高水準でもあり。
*三洋電機<6764> 150 +3
パナソニックでは同社との相乗効果積み増しとも伝わる。

*東芝<6502> 436 +6
出遅れ意識強まるなか、米国半導体関連株の上昇を受けて。

*大林道路<1896> 231 -7
天井到達感強まり手仕舞い売り急がれる。

*日本橋梁<5912> 239 -7
短期資金の流入で前日急騰した反動安。

*新日本無線<6911> 320 -9
過熱感強めながら上昇してきた銘柄、利益確定が本日は優勢。

*レオパレス21<8848> 462 -11
前日は来期の最終黒字化目標など好感して賑わったが。

*リンガーハット<8200> 1004 -22
本日から売出価格の決定期間入りとなっており。

*大和冷機工業<6459> 431 -9
信用高値期日接近などに伴う手仕舞い売りも。

*三菱UFJ<8306> 478 +4
欧米金融株高の流れを受けてメガバンクしっかり。

*日立製作所<6501> 327 +4
前日には、GSが総合電機の中で同社とNECエレクに注目とも。

*日本郵船<9101> 342 -6
バルチック指数5日ぶり反落などを嫌気。

*マツダ<7261> 247 +8
欧州向けのウェイト高く、対ユーロでの円安進行はプラス材料にも。
*トヨタ<7203> 3580 +30
今月の米国販売は足元でも高水準を持続と伝わっており。

*新日鉄<5401> 342 -1
原料炭の価格改定、テックやリオも四半期にと。

*古河電気工業<5801> 488 +8
引き続き、中国での次世代送電網向けケーブル需要拡大への期待感。

*三井物産<8031> 1508 -11
資源価格上昇に反応薄、バスケット売りなどに押される展開と。

*日産自動車<7201> 767 +12
ルノーやダイムラーと包括提携交渉へと報じられており。

*富士通<6702> 552 -5
引き続き、前日のGSの投資判断格下げなどがマイナス材料視。

*新日本石油<5001> 484 +14
原油市況の大幅上昇などが買い手掛かり材料となる。

*東京エレクトロン<8035> 5900 +70
米国市場ではインテルをはじめ半導体関連株の上昇が目立ち。

*エルピーダメモリ<6665> 1781 +33
今期営業損益は200億円弱の黒字になる見通しと観測報道伝わる。

*キリンHD<2503> 1308 +7
CSでは投資判断「アウトP」格上げ、目標株価1700円としている。

*JT<2914> 333000 +9000
インド市場への展開力なども期待でリバウンドと。

*ニコン<7731> 2200 +32
JPMでは目標株価を2600円から2700円に引き上げている。
*イオン<8267> 987 +13
三菱UFJでは投資判断を「4」から「3」に格上げ。

*アプラス<8589> 103 +10
新生銀行が出資比率を93%にまで引き上げと伝わる。

*ジェイ・エー・エー<2394> 86900 -9100
前場中ごろの大口売りに急落、目立った材料は観測されないが。

*村田製作所<6981> 5060 +145
野村では目標株価を6000円から6300円に引き上げている。

*ウェブマネー<2167> 154000 +25000
「モバゲータウン」向け課金サービス決済を手掛け、DeNA株高刺激に。

*シーエスアイ<4320> 38450カ +7000
電子カルテなど医療機関のIT化支援を手掛けることから短期資金が集中。

*スタートトゥデイ<3092> 160800 +6400
英国の人気ファッションブランド「ASOS(エイソス)」の取り扱い開始を好感。

*ダヴィンチ<4314> 4290 +450
コミットメント契約を一部返済と発表。

*エプコ<2311> 205000 -22300
11年1月期業績見通しが四季報予想に届かず失望売り。

*アスラポート・ダイニング<3069> 7760カ
株主優待制度の開始を受け、権利取りを狙った資金が引き続き集中。

2010年3月16日の個別銘柄考察日記

*ソニーフィナンシャルHD<8729> 299900 +37900
資産運用方針変更に伴いMCEVが大幅上方修正になる見込みと会社側が発表。

*くらコーポレーション<2695> 307000 +16100
1:200の株式分割を発表、流動性向上期待に実質増配ともなり。

*富士機工<7260> 324 +45
値動きの軽さから短期資金の関心続く、再度の上方修正期待など高く。

*サイボウズ<4776> 43500 +4600
本日の決算発表を控えて期待感など先行へ。

*住江織物<3501> 205 +19
前日も長い下ヒゲ残すなど買戻し圧力は強く。

*ココカラファインHD<3098> 1628 +143
アライドハーツとの合併を発表、規模の拡大を素直に評価。

*NECエレクトロニクス<6723> 961 +78
GSでは「中立」から「買い」に格上げ、コンビクションに採用へ。

*稲畑産業<8098> 405 +27
前日から動意づく、韓国社の薄いリチウム電池販売なども手掛かりか。

*関東自動車工業<7223> 750 +50
買戻しが主導の形からリバウンドが本格化する格好へ。

*プレス工業<7246> 225 +14
本日は買い戻し活発化の印象、上げ幅広げる展開で。

*丸山製作所<6316> 178 +11
物色の手詰まり感から仕手性の強さに関心も向かう。

*TBK<7277> 218 +13
トラック関連の一角が強いほか、0.3倍台のPBR水準も妙味に。


*ニコン<7731銘柄情報

【7731】(株)ニコン

関連ニュース
銘柄別掲示板
ポートフォリオに追加
> 2191 +81
高値更新のキヤノンに続き物色向かう、デジカメ事業などへの期待感。

*大京<8840> 183 +8
前日に発表の首都圏マンション発売など評価材料視で。

*不二越<6474> 281 +14
三菱UFJでは目標株価を257円から297円に引き上げへ。

*兼松日産農林<7961> 126 +6
仕手系色の強い材料株の一角が人気化しており。

*システムプロ<2317> 46200 +2200
合併効果による業容拡大期待を再度高める展開に。

*レオパレス21<8848> 466 +22
空室率改善へ積極策、11年度終了の中計見直しと報じられる。

*GSIクレオス<8101> 112 +5
低位材料株の出遅れとして関心も高まりつつある模様。

*品川リフラクトリーズ<5351> 274 +12
黒崎播磨との比較からは出遅れ感も意識されるところか。

*新日本無線<6911> 324 +14
値動きの軽さが短期資金の上値追いを誘う格好、来期業績変化率への期待も。

*日本電工<5563> 617 +26
特に目立った材料は観測されない、電気自動車関連としての位置づけなどは高いが。

*高岳製作所<6621> 320 +13
チャデモ発足を材料視、充電器では関連の材料株として位置付け高く。

*T&DHD<8795> 2049 +78
ソニーFHの株価急騰が刺激となる格好にも。
*SUMCO<3436> 1825 -49
決算発表受けて前日はアク抜け感先行だが、JPMでは格下げ。

*高島屋<8233> 738 -23
みずほでは「アウトP」から「ニュートラル」に格下げ。

*大阪機工<6205> 82 -4
工作機械関連物色の流れにも一服感強まり。

*大東紡織<3202> 95 -4
中国アウトレット事業への参画材料に人気化も、本日は利食い優勢に。

*セントラル硝子<4044> 411 -14
特に材料観測されず、利益確定の動きが集中か。

*リケン<6462> 325 -11
1月高値水準への接近で戻り売り圧力も強まる格好か。

*新日本科学<2395> 570 -17
目立った材料ないまま前日に急騰の反動安。

*スギHD<7649> 2140 -62
ドラッグストア業界再編の流れから競争激化を意識も。

*栗本鉄工所<5602> 141 -4
前日は株価急騰、さすがに過熱警戒感も強まる。

*大同特殊鋼<5471> 362 -10
東海東京では「2」から「3」に格下げへ。

*ゼクス<8913> 1081 -29
前日上げ幅を広げたことで利益確定の動きへ。

*タカタ<7312> 2288 -56
上値の重さ嫌気で買い手控え、出来高減少へ。
*トヨタ<7203> 3580 +75
米運輸省ではサンディエゴ事故について「説明する原因は何も発見できず」と見解。

*新日鉄<5401> 344 +1
昨年の鉄鋼輸出、日本は4年ぶりに世界一と伝わっている。

*電気化学工業<4061> 368 -8
信用買い残重し、リバウンド一巡感から見切売り。

*みずほFG<8411> 190 +1
米金融株安も、持ち合い解消売り一巡などの需給改善で。

*富士電機HD<6504> 255 -3
スマートグリッド関連として前日に急伸した反動も。

*クラリオン<6796> 193 -2
取り組み妙味などはやして押し目買い意欲も強い。

*河合楽器製作所<7952> 196 +5
好取組の低位株として上値追い続く、仕手性も妙味に。

*野村HD<8604> 690 +5
モルガンでは850円目標で「オーバーW」判断を継続。

*富士通<6702> 559 -1
GSでは投資判断を「買い」から「中立」に格下げしている。

*古河電気工業<5801> 478 +10
前日に引き続き、中国でのスマートグリッド投資本格化を期待で。

*住友化学<4005> 433 +7
ドイツでは中期成長期待が高いと評価で「バイ」を継続。

*キヤノン<7751> 4145 -20
1-3月期の好業績観測報道伝わるが、利食いのきっかけにつながる。
*三井物産<8031> 1528 -10
非鉄市況などが全般軟化の方向となっており。

*エルピーダメモリ<6665> 1750 +34
35ナノDRAM開発にメド、年内に量産へなどと一部で報じられている。

*JT<2914> 326000 -500
BATJのタバコ値上げ申請取り下げを引き続きマイナス材料視。

*船井電機<6839> 3990 +140
みずほでは投資判断を「アンダーP」から「アウトP」へ2段階格上げ。

*セルシード<7776> 1386
本日ジャスダック市場に上場し、初値は公開価格比6.7%下落の1400円。

*アライドハーツ<3062> 211 +15
ココカラファインとの経営統合を発表。

*ACCESS<4813> 131600 -5900
11年1月期の業績見通しはコンセンサスに届かず失望売りが膨らむ。

*セントケアHD<2374> 60300カ
今期末配当予想を600円から1000円に上方修正で。

*アスラポート・ダイニング<3069> 6760カ
株主優待制度の開始を発表し、権利取りを狙った資金が集中。

*ユビキタス<3858> 194700 +26100
株式新聞でOS瞬間起動システム「QuickBoot」が採り上げられる。
*スカイマーク<9204> 398 -11
相次ぐ不祥事を受け国交省が「特別安全監査」を開始、警戒感高まる。

*リアルコム<3856> 61000 +10000
ソフトバンクと「iPhone」の法人向け販売で協業するとの発表を引き続き材料視。

*光波<6876> 1140 +121
海外でLED照明の販売を開始するなど、照明事業を拡大するとの報道を材料視。

*ウェッジHD<2388> 33900 -3350
連日のストップ高で高値警戒感強まり急反落。

*トリケミカル研究所<4369> 352 -17
前日に決算発表、11年1月期業績見通しは四季報予想に届かず。

*ビリングシステム<3623> 139300 +13300
NTTデータが筆頭株主になったと発表。

*テクノマセマティカル<3787> 147000カ +30000
直近戻り高値を突破で上値妙味が拡大。
*五洋建設<1893> 124 +7
新規の材料はなさそうだが、値動きの良さに関心も集まり。

*新日本建設<1879> 164 +9
首都圏マンション発売の回復などもプラス材料視で。

*セイコーHD<8050> 224 +16
四季報発売受けて今期の業績変化率の高さなど材料視も。

*あみやき亭<2753> 268400 +12200
スピード調整一巡感で優待権利取りの動きなどあらためて。

*宮地エンジ<3431> 113 -9
2月の年初来高値更新で一旦は出尽くし感か。

*DeNA<2432> 631000 -36000
リバランスの動きなどが強まった格好か、引け後には上方修正だが。

*河西工業<7256> 347 -18
大引けにかけて利食い売りが一気に集まる格好へ。

*タカラレーベン<8897> 468 -21
急ピッチのリバウンドに戻り売り圧力強まる。

*ソネットエンタ<3789> 212300 -8500
DeNAの株価急落が影響する状況にも。

*大林道路<1896> 238 -9
前日は長い上ひげ残す、天井到達感も広がる形に。

*古河スカイ<5741> 206 -7
前日に業績予想上方修正発表も、短期的な出尽くし感と捉えられる。

*ケネディクス<4321> 27320 -870
ダヴィンチなどの株価上昇には連れ高せず、上値の重さ目立つ。

*日軽金<5701> 127 -4
上方修正発表の古河スカイの株価軟化を嫌気で。

注目のFX

なし。ハイレバのFXは危ないのでやらない方がいい。J-REIT投資信託買った方が無難。レバ効かせたいなら、楽天の日本株トリプルブル投資信託はこれから日本株地合良くなるだろうしレバ3倍なら面白そう。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ執筆のヤル気継続のためクリック協力お願いします。。。