スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSCI新規採用銘柄②

新規採用銘柄でも三菱自動車、いすず自動車の買い上げは目を見張るものがありました。
MSCIとは外資系のお金持ち会社のモルガンスタンレーの指数です。
新規採用銘柄の引けの歩値すごすぎます。強烈なボリュームの買い上げ。お金持ち会社はやる事のスケールが違います。
恩恵に授かった方々はおめでとうございます。
スポンサーサイト

持ち越し戦略

ラジオ日経を聴くとドレッシング買いの観測もあるとのこと。
ドレッシング買いの反動リスクを考慮して東証一部は回避が無難か。但し、プラス材料はバーナンキ発言で米国が利下げ期待で上げれば、指数連動の上昇が期待できる。
個人的には、1株単位で10万円未満の低水準が無難かとも思う。
株価の位置が高い株の持ち越しはGUを狙うには妙味薄い。

MSCI新規採用銘柄

今日は月末、ドレッシング買いも入った模様。
インデックス新規採用銘柄のインデックス買いに期待したところです。

<新規採用>
 大日本住友製薬(4506.T: 株価, ニュース, レポート)

 小野薬品工業(4528.OS: 株価, ニュース, レポート)

 コスモ石油(5007.T: 株価, ニュース, レポート)

 大和工業(5444.T: 株価, ニュース, レポート)

 日立金属(5486.T: 株価, ニュース, レポート)

 ブラザー工業(6448.T: 株価, ニュース, レポート)

 いすゞ自動車(7202.T: 株価, ニュース, レポート)

 三菱自動車工業(7211.T: 株価, ニュース, レポート)

 マツダ(7261.T: 株価, ニュース, レポート)

 ダイハツ工業(7262.T: 株価, ニュース, レポート)

 スズキ(7269.T: 株価, ニュース, レポート)

 富士重工業(7270.T: 株価, ニュース, レポート)

 あおぞら銀行(8304.T: 株価, ニュース, レポート)

 みずほ信託銀行(8404.T: 株価, ニュース, レポート)

 日本興亜損害保険(8754.T: 株価, ニュース, レポート)

 あいおい損害保険(8761.T: 株価, ニュース, レポート)

 アーバンコーポレイション(8868.T: 株価, ニュース, レポート)

 中国電力(9504.T: 株価, ニュース, レポート)

 北陸電力(9505.T: 株価, ニュース, レポート)

 四国電力(9507.T: 株価, ニュース, レポート)

 スクウェア・エニックス(9684.T: 株価, ニュース, レポート)

 

 <削除銘柄>

 

 東洋紡(3101.T: 株価, ニュース, レポート)

 住友ベークライト(4203.T: 株価, ニュース, レポート)

 パーク24(4666.T: 株価, ニュース, レポート)

 大日本スクリーン製造(7735.T: 株価, ニュース, レポート)

 日立キャピタル(8586.T: 株価, ニュース, レポート)

新興個別

ヘラクレスのシナジーMは思ったより強い。
そこで、プラス面を探ってみたが日足が右肩上がりでケチが付いていない点、マイナスというかリスクは価格水準が若干高目か、それと直近IPO特有の値動きの荒さとナイアガラの急落リスク。
プラス面を重視して乗るか、マイナス面を重視して回避するかは個人の趣味だろう。
個人的には直近IPOは値動き激しくてナイアガラ急落が怖いので様子見。

新興個別

ヘラクレス、ナチュラム、シナジーMは元気良いですが、セキュアドのような材料は知る限りなく単なるマネーゲームの気がする。強いとはいえ、この水準ではナイアガラ警戒で手を出さない方が無難なように思う。
相場は逃げないし、東証一部のリターンリバーサル銘柄の方が急落リスクを考えると無難なように思う。

新興市況

JASDAQの楽天、マザーズのリアルコム、ヘラクレスのZENTEK等、プチナイアガラの下落が見られる銘柄もチラホラ。このような銘柄が出てくると地合が弱い証拠か。様子見。よほど強い動きに転換するまで手出し無用。

11月30日後場寄り

海運、強い!!!
これがプロの力なのかと見せつけられるような凄まじい上昇。
太平洋海運に至っては後場寄りで特別買い気配後に一時ストップ高。

NYもバーナンキ氏が深刻さを意識する発言がなされ、利下げ期待が浮上してきた。
上昇率が凄まじいとは言え、ここは流れに逆らって安易に売らないほうが良いと思う。

方や新興は元気ないですね・・・

11月30日前場所引け

新興元気ない。押し目買いで仕込める雰囲気は感じず、ナイアガラの急落の方が怖い。ただ、セキュアドは12月5日の一部指定替えを材料に元気だ。
個人に人気の新興が元気ない今日のような時には、プロにはかなわないのでプロが手がける東証一部の強い動きの銘柄に乗らせて頂くしかないのかも知れない。
但し、日足が何本も大陽線つけて過熱感がある銘柄は、高値掴みリスクがあるため避けた方が無難だと思う。

11月30日前場

海運もみ合いに入る。上下どちらにいくか注目。
MICは半値戻しに近い水準まで崩れた。やはりIPOは、しばらく下落が落ち着くまで手を出さないのが無難なように感じる。
日経平均は100以上上昇。但し、積極的に買い進んでいくような強さは感じない。指数上昇の背景が東証一部の海運・商社・非鉄金属の売り方の買い戻しにあるためだと感じる。
今日は、地合にイマイチ強さを感じない積極的に買いたくない雰囲気。
単なるポジション調整(売り方買い戻し、日本株ウェイト落とし)が継続しているように感じる。

11月30日の市況

東証一部の海運が活況。
本日、IPOの2116MICメディカは”いまのところ”崩れていない。
新興は値動きが荒く強いのか弱いのかイマイチハッキリしない。
DeNAは寄り付き後大きく崩れた。
週末につき換金売りに備えて油断は禁物。

2007年11月29日の株式レーティング情報の考察

△11/29 4185 JSR ドイツ Buy継続 3500円→3600円
×11/29 9412 スカパーJSAT GS 買い推奨継続 74000円→60500円
×11/29 8570 イオンクレジット GS 中立継続 2150円→2060円
×11/29 5108 ブリヂストン GS 買い推奨継続 2900円
強い買い推奨リスト削除
×11/29 8830 住友不動産 CS Neutral継続 3050円→3200円
×11/29 1925 大和ハウス工業 CS OP継続 2100円→2000円
×11/29 6460 セガサミーHD CS Neutral継続 1700円→1400円
◎11/29 6764 三洋電機 CS Neutral継続 200円→220円
×11/29 7012 川崎重工業 三菱UFJ 1継続 660円→630円
△11/29 6995 東海理化電機製作所 三菱UFJ 1継続 3600円→4000円
△11/29 2433 博報堂DY UBS 新規Neutral 7000円
×11/29 9409 テレビ朝日 UBS 新規Neutral 18万円
×11/29 9404 日本テレビ UBS 新規Neutral 14000円
△11/29 9401 TBS UBS 新規Neutral 2700円
×11/29 6779 日本電波工業 UBS Neutral→Sell格下げ 6500円→4500円
△11/29 9602 東宝 UBS 新規Buy 2800円
△11/29 4676 フジテレビ UBS 新規Buy 24万円
△11/29 4324 電通 UBS 新規Buy 38万円
×11/29 8053 住友商事 モルガンS Overweight継続 2659円→2613円
×11/29 8031 三井物産 モルガンS Overweight継続 2722円→2785円
×11/29 8002 丸紅 モルガンS Equalweight継続 1048円→1027円
×11/29 8001 伊藤忠商事 モルガンS Equalweight継続 1620円→1544円
×11/29 9749 富士ソフト モルガンS Equalweight継続 2470円→1850円
×11/29 9022 JR東海 モルガンS Equalweight継続 142万円→135万円
○11/29 9021 JR西日本 モルガンS Overweight継続 673000円→678000円
○11/29 9020 JR東日本 モルガンS Overweight継続 112.2万円→113万円
?11/29 8058 三菱商事 モルガンS Equalweight→Overweight格上げ 3623円→3721円
△11/29 5334 日本特殊陶業 JPモルガン 新規Overweight 2500円
×11/29 8263 ダイエー リーマン Underweight→Overweight格上げ 2000円→950円
×11/29 7912 大日本印刷 日興C 2M継続 1750円→1600円
×11/29 7911 凸版印刷 日興C 2M継続 1230円→1100円
×11/29 5017 AOCHD 日興C 1H継続 2760円→2700円
○11/29 9751 TIS 大和 2→1格上げ 2560円
×11/29 8878 日本綜合地所 大和 2→3格下げ
○11/29 2151 タケエイ 大和 新規2 5000円

商社のレーティングもイマイチです。海運、非鉄金属同様、見送りです。
為替が円高になると、上記の利が乗っている銘柄のポジション調整の動きは継続する気がしています。

今日は、米国株高を受けて、日経平均が大幅上昇しているため、東証一部銘柄はほぼ全面高の状況ですが、全面高こそ売った方が明日の反動安で利益が取れそうな気がしています。
今日、買うならむしろマザーズ銘柄の方が前日の反動安で面白そうな気がしています。

注目のレーティングは三洋電機。日本証券業協会から公表されている”銘柄別株券等貸借週末残高”の貸株残高を見ると大量の貸株残高が積み上がっており、ヘッジファンドがlong&shortで売り込んで来たのではないかという気がしているからです。
低位株、再生銘柄、売り方の買い戻し、と注目点が多い銘柄です。

それにしても値動きが荒い展開が続きます。全面高は売り、反動安は買いという戦略が良さそうです。

2007年11月28日の株式レーティング情報の考察

×11/28 1893 五洋建設 CS Neutral継続 290円→205円
×11/28 9749 富士ソフト CS Neutral継続 2830円→2000円
△11/28 4555 沢井製薬 CS Neutral継続 3100円→4000円
△11/28 4539 日本ケミファ CS Neutral継続 420円→500円
×11/28 4508 田辺三菱製薬 CS Neutral継続 1550円→1100円
×11/28 9751 TIS モルガンS Equalweight継続 2610円→2270円
×11/28 9737 CSKHD モルガンS Underweight継続 3680円→3270円
×11/28 2607 不二製油 モルガンS Equalweight継続 1000円→870円
○11/28 8332 横浜銀行 KBC BUY継続850円→920円
×11/28 4063 信越化学 UBS Buy継続 10000円→8500円
×11/28 3436 SUMCO UBS Buy継続 7300円→6000円
△11/28 8332 横浜銀行 UBS Neutral→Buy格上げ 850円→940円
△11/28 8267 イオン CLSA SELL→BUY格上げ 1500円→1900円
△11/28 4452 花王 メリル 中立→買い格上げ 3700円
×11/28 4205 日本ゼオン GS 中立継続 1250円→1050円
×11/28 6839 船井電機 GS 中立継続 5500円→4400円
×11/28 6816 アルパイン GS 中立継続 2000円→1800円
×11/28 6792 日本ビクター GS 中立継続 370円→250円
×11/28 6773 パイオニア GS 中立継続 1580円→1140円
×11/28 4042 東ソー GS 中立継続 850円→720円
×11/28 7012 川崎重工業 GS 中立継続 470円→390円
×11/28 7011 三菱重工業 GS 中立継続 690円→550円
×11/28 7013 IHI GS 買い推奨継続 410円→380円
×11/28 6302 住友重機械工業 GS 買い推奨継続 1600円→1400円
×11/28 6753 シャープ GS 中立継続 2100円→1820円
△11/28 6506 安川電機 GS 中立→買い推奨格上げ 1630円強い買い推奨リスト新規採用
×11/28 6269 三井海洋開発 GS 買い推奨継続 5500円→5250円強い買い推奨リスト新規採用
×11/28 6997 日本ケミコン 日興C 2H継続 1350円→730円
△11/28 6804 ホシデン 日興C 2H継続 1800円→1900円
×11/28 2681 ゲオ 日興C 1H→2H格下げ 31万円→241000円
×11/28 6996 ニチコン 日興C 2H継続 1880円→1300円
×11/28 7248 カルソニックカンセイ 日興C 2M継続 560円→610円
×11/28 4958 長谷川香料 大和 2→3格下げ
×11/28 6277 ホソカワミクロン 大和 2→3格下げ
△11/28 8965 ニューシティレジデンス 大和 3→2格上げ 573000円
×11/28 3436 SUMCO 大和 2継続 6300円→5000円

KBC証券は目ざといレーティングが多い印象があります。横浜銀行は外債保有比率が低いと聞きます。つまりサブプライムの影響が低いという事。
ただし、東証一部は信用なりません。突っ込みもしたくありません。NYのチャートがもう少し崩れる余地がありそうで底打ち感がまだないから。ダウ1万は節目なので節目割れは、さすがにFBRも危機感もつきはしていますが。
少なくとも、11月の下落を前もって的確に予言されていらっしゃった株式評論家の早見さんが底打ち宣言されるまで東証一部は自身を持って買いたくありません。

という訳で、相変わらず新興市場です。昨日まではヘラクレス銘柄が物色されていましたが、ザラ場でラジオ日経を聞いていたら今日はマザーズ銘柄に大口のバスケット買いが入っているとのこと。対象はサイバーエージェント、CCI等とのこと。明日もマザーズ物色が続くのでしょうか。

マネーゲームの地域新聞社が今日崩れました。しばらく手出し無用です。
同様にユビキタスもNEO第一号案件とは言え当てにはなりません。
リード銘柄(Mixi等)がしっかりしているマザーズに期待です。
需給的には、信用売残が多いサイバーエージェント、CCIも取組妙味が増してくるようだと踏み上げ買い戻しに期待。

2007年11月27日の株式レーティング情報の考察

×11/27 6665 エルピーダメモリ GS 買い推奨継続 5100円→4700円
△11/27 6383 ダイフク UBS Neutral継続 1450円→1550円
×11/27 6963 ローム UBS Neutral継続 11600円→10500円
×11/27 5701 日本軽金属 UBS Neutral継続 260円→200円
×11/27 5407 日新製鋼 UBS Neutral継続 510円→420円
×11/27 5201 旭硝子 UBS Neutral継続 1750円→1550円
×11/27 3865 北越製紙 UBS Neutral継続 650円→580円
××11/27 8889 アパマンショップ UBS Buy→Neutral格下げ 70000円→37000円
×11/27 1801 大成建設 CS OP継続 410円→320円
×11/27 7240 NOK CS Neutral継続 2450円→2400円
△11/27 9983 ファーストリテイリング CS Neutral継続 7800円→8000円
×11/27 1812 鹿島 CS Neutral→OP格上げ 455円→390円
○11/27 4901 富士写真フィルム 野村 3→2格上げ
△11/27 8875 東栄住宅 JPモルガン 新規Underweight 850円
△11/27 4755 楽天 メリル 買い継続 64000円→62000円
×11/27 5411 JFE HD メリル 買い継続 9200円→8000円
×11/27 5407 日新製鋼 メリル 買い継続 620円→530円
×11/27 5406 神戸製鋼所 メリル 買い継続 540円→500円
×11/27 5405 住友金属工業 メリル 買い継続 860円→720円
×11/27 5401 新日本製鐵 メリル 買い継続 980円→820円
△11/27 6481 THK メリル 中立→買い格上げ 2500円
×11/27 9101 日本郵船 みずほ 2継続 1350円→1200円
×11/27 9107 川崎汽船 みずほ 3→2格上げ 1550円
×11/27 9104 商船三井 みずほ 2→1格上げ 2200円→2000円
×11/27 8058 三菱商事 日興C 1M継続 4000円→4200円
×11/27 8053 住友商事 日興C 1M継続 2600円→2400円
×11/27 8031 三井物産 日興C 1M継続 3500円→3400円
×11/27 5411 JFE HD 日興C 1M継続 10000円→9500円
×11/27 5405 住友金属工業 日興C 1M継続 850円→800円
×11/27 5401 新日本製鐵 日興C 1M継続 1100円→1000円
×11/27 5423 東京製鐵 日興C 3H→2H格上げ 1600円→1500円
×11/27 4523 エーザイ 日興C 3M継続 4700円→4500円
×11/27 4503 アステラス製薬 日興C 1M継続 6500円→6000円
△11/27 8011 三陽商会 三菱UFJ 3→2格上げ 900円
○11/27 5017 AOC HD 三菱UFJ 3→2格上げ 1900円
×11/27 4305 IMJ 三菱UFJ 2→3格下げ
×11/27 9502 中部電力 三菱UFJ 2→3格下げ
△11/27 4315 日清医療食品 大和 3→2格上げ
○11/27 9401 TBS 大和 新規3 2570円

朝方はNY大幅安を受けて東証一部銘柄は大きくGD(ギャップダウン、窓を開けて下落)しました。ただ、昼にはオイルマネー(アブダビ投資庁)がCITIに投資の報道を受けて、強烈な買い戻しが見られた。月曜の日経平均の上昇を受けて売りしかけた連中もいるのだろう。強烈な買い戻しを見てアホ過ぎると思いながら、いい加減にしてくれと言いたい。

確かに外国人投資家の保有比率は高く、海外の市況も重要だが、サブプライムローンを持ってない日本の金融機関でさえ、日経平均先物の乱高下に右往左往され方向感のない動きとなる始末。

もう個人投資家は東証一部は無視!!
先物主導でドンパチやってる連中に巻き込まれる必要はない!!!!!!!!

個人的には、2008年までのトレンドで、NYの調整、為替の円高傾向が続くのは避けられないと覚悟しています。もう、そういう影響を受けにくい新興市場の内需関連銘柄で個人投資家は勝負した方が先物主導の仕掛けに振り回されず良いかと思う。


2007年11月26日の株式レーティング情報の考察

×11/26 6971 京セラ メリル 買い継続 12500円→11200円
×11/26 8035 東京エレクトロン UBS Buy継続 14000円→8300円
×11/26 7735 大日本スクリーン UBS Neutral継続 740円→580円
×11/26 7729 東京精密 UBS Neutral継続 3400円→2800円
×11/26 6841 横河電機 UBS Neutral継続 1600円→1200円
×11/26 6724 エプソン UBS Neutral継続 2900円→2500円
△11/26 4902 コニカミノルタ UBS Neutral継続 2050円→2100円
×11/26 4901 富士フイルム UBS Buy継続 6000円→5500円
×11/26 6857 アドバンテスト UBS Buy→Neutral格下げ 4500円→3000円
×11/26 3893 日本製紙グループ UBS Neutral継続 42万円→35万円
×11/26 5802 住友電工 みずほ 2継続 2100円→1950円
△11/26 4091 大陽日酸 みずほ 3→2格上げ 1200円
×11/26 4547 キッセイ薬品 ドイツ Buy継続 2900円→2700円
×11/26 4528 小野薬品工業 ドイツ Buy継続 6900円→6500円
×11/26 4519 中外製薬 ドイツ Buy継続 2900円→2700円
×11/26 4507 塩野義製薬 ドイツ Buy継続 3000円→2900円
△11/26 4315 日清医療食品 ドイツ Sell→Hold格上げ 1300円
×11/26 6645 オムロン モルガンS Equalweight継続 2300円→2250円
×11/26 9984 ソフトバンク モルガンS Equalweight継続 2300円→2250円
△11/26 9694 日立ソフト モルガンS Equalweight継続 2160円→2330円
△11/26 9432 NTT モルガンS Overweight継続 647000円→612000円
△11/26 9427 イーアクセス モルガンS Equalweight継続 75500円→68800円
○11/26 7248 カルソニックカンセイ モルガンS Equalweight→Overweight格上げ 700円 ×11/26 8336 武蔵野銀行 CS OP継続 7360円→6900円
△11/26 9697 カプコン CS OP継続 2900円→3000円
×11/26 1911 住友林業 CS Neutral→OP格上げ 1070円→900円
△11/26 7276 小糸製作所 GS 中立継続 1450円→1550円
×11/26 7259 アイシン精機 GS 中立継続 4600円→4800円
×11/26 6871 日本マイクロニクス GS 買い推奨継続 4800円→4300円
×11/26 6263 プロデュース GS 買い推奨継続 625000円→557000円
×11/26 7545 西松屋チェーン GS 買い推奨→中立格下げ 2400円→1900円
△11/26 8282 ケーズHD GS 買い推奨継続 3100円→3500円
△11/26 2665 三井情報 大和 3→2格上げ
○11/26 6798 SMK 大和 新規3
×11/26 6871 日本マイクロニクス 三菱UFJ 1継続 4500円→3400円
×11/26 6958 日本CMK 三菱UFJ 2継続 1400円→1100円
×11/26 6767 ミツミ電機 三菱UFJ 2継続 5000円→4500円
×11/26 6412 平和 三菱UFJ 2→3格下げ
×11/26 8895 アーネストワン 三菱UFJ 2→3格下げ
×11/26 5016 新日鉱HD 日興C 1M継続 1500円→1100円
×11/26 5706 三井金属鉱業 日興C 1M継続 680円→600円
×11/26 5711 三菱マテリアル 日興C 1M継続 900円→750円
×11/26 5713 住友金属鉱山 日興C 2H継続 2500円→2200円
×11/26 5714 DOWA 日興C 2H継続 1200円→900円
×11/26 5812 日立電線 日興C 2H継続 710円→700円
×11/26 5803 フジクラ 日興C 1M継続 1100円→800円
×11/26 5802 住友電気工業 日興C 1M継続 2300円→2000円
×11/26 5801 古河電気工業 日興C 1M継続 900円→700円
×11/26 9375 近鉄エクスプレス 日興C 1M継続 5340円→4700円
×11/26 9370 郵船航空サービス 日興C 1M継続 3520円→3180円
×11/26 9364 上組 日興C 1M継続 1190円→1080円
×11/26 9076 セイノーHD 日興C 1M継続 1230円→1120円
×11/26 9075 福山通運 日興C 3M継続 490円→460円
×11/26 9070 トナミ運輸 日興C 1M継続 460円→390円
×11/26 9062 日本通運 日興C 1M継続 700円→630円
△11/26 6702 富士通 日興C 2H継続 800円→870円
△11/26 2897 日清食品 日興C 3L継続 3300円→3700円
△11/26 6701 NEC 日興C 3H→2H格上げ 530円
?11/26 2873 加ト吉 日興C 2S継続 480円→710円
×11/26 4568 第一三共 日興C 1M継続 4800円→4500円
×11/26 4186 東京応化工業 日興C 2M継続 2800円→2600円
×11/26 4042 東ソー 日興C 2H継続 800円→650円
×11/26 6723 NECエレクトロニクス 日興C 2H継続 3500円→3400円
△11/26 3249 産業ファンド 日興C 新規1L 57万円
×11/26 4502 武田薬品工業 日興C 2M継続 8000円→7400円

今日の注目レーティングは特にありません。
DOWAの格付けが良くありません。非鉄金属銘柄も海運同様見送りが良さそうです。

2007年11月22日の株式レーティング情報の考察

△11/22 9654 コーエー CS Neutral継続 1900円→2000円
△11/22 8282 ケーズHD CS OP継続 3800円→4000円
○11/22 4307 NRI モルガンS Equalweight継続 3920円→4200円
△11/22 4005 住友化学 モルガンS Overweight継続 1000円→1090円
○11/22 3941 レンゴー UBS Buy継続 850円→930円
△11/22 9650 テクモ CLSA OP→BUY格上げ 1800円
○11/22 6952 カシオ計算機 HSBC Underweight→Overweight格上げ 1100円→1650円
?11/22 2873 加ト吉 みずほ 1継続 600円→680円
◎11/22 6758 ソニー みずほ 3→2格上げ
?11/22 6758 ソニー ドイツ Buy継続 7250円→6800円
◎11/22 8729 SONY FH ドイツ 新規Buy 563000円
×11/22 8892 日本エスコン JPモルガン Overweight継続 383000円→331000円
×11/22 8227 しまむら JPモルガン Overweight→Neutral格下げ 12900円
△11/22 4822 ハドソン JPモルガン 新規Overweight 2460円
×11/22 7970 信越ポリマー メリル 買い継続 1700円→1400円
×11/22 8001 伊藤忠商事 メリル 買い継続 1700円→1480円
△11/22 8053 住友商事 メリル 中立→買い格上げ 2020円
×11/22 4063 信越化学工業 メリル 買い継続 10000円→8500円
△11/22 8961 森トラストRE 日興C 1L→2L格下げ 165万円
×11/22 3401 帝人 日興C 2M継続 670円→550円
×11/22 4183 三井化学 日興C 2H継続 1140円→970円
×11/22 4208 宇部興産 日興C 2H継続 460円→480円
×11/22 6779 日本電波工業 日興C 2H→1H格上げ 7500円→6600円
×11/22 6708 エプソントヨコム 日興C 3H→2H格上げ 800円→570円

今日の注目レーティングは何といってもソニーでしょう。
商品市況関連では、厳寒と石油高を受けて代替エネルギーの石炭関連銘柄の三井松島や住友石炭が気になっていますが、東証一部銘柄なので日経の動きのとばっちりを受け、いまいち値動きが悪いようです。


2007年11月21日の株式レーティング情報の考察

△11/21 1332 日本水産 新光 2→2+格上げ
○11/21 3088 マツモトキヨシHD 新光 新規2+
○11/21 6460 セガサミーHD 新光 2-→2格上げ
△11/21 6908 イリソ電子工業 新光 新規1
○11/21 7246 プレス工業 新光 新規2+
△11/21 6723 NECエレクトロニクス ドイツ Hold継続 3250円→3200円
△11/21 6701 NEC ドイツ Hold継続 540円→530円
○11/21 7248 カルソニック UBS Neutral継続 550円→570円
×11/21 7241 フタバ産業 UBS Neutral継続 3200円→3100円
×11/21 6806 ヒロセ電機 UBS Buy継続 19000円→14500円
×11/21 5803 フジクラ UBS Neutral継続 720円→570円
×11/21 5801 古河電気工業 UBS Neutral継続 640円→500円
×11/21 5451 淀川製鋼所 UBS Neutral継続 750円→530円
△11/21 6965 浜松ホトニクス モルガンS Overweight継続 4000円→4300円
×11/21 6971 京セラ モルガンS Equalweight継続 12500円→11000円
△11/21 6770 アルプス電気 モルガンS Equalweight継続 1200円→1250円
×11/21 6981 村田製作所 モルガンS Equalweight継続 9000円→7500円
×11/21 6967 新光電気工業 モルガンS Equalweight継続 3100円→2800円
×11/21 6806 ヒロセ電機 モルガンS Equalweight継続 15000円→14000円
△11/21 4062 イビデン モルガンS Equalweight継続 10000円→9000円
×11/21 6762 TDK モルガンS Equalweight継続 10500円→8500円
×11/21 6861 キーエンス モルガンS Overweight→Equalweight格下げ 31500円→28000円
×11/21 8754 日本興亜損保 野村 3→4格下げ
○11/21 8303 新生銀行 メリル 売り→中立格上げ
×11/21 5801 古河電気工業 CS OP継続 910円→780円
×11/21 5803 フジクラ CS Neutral継続 860円→544円
×11/21 8801 三井不動産 CS Neutral継続 2900円→2800円
×11/21 1808 長谷工コーポレーション CS OP継続 400円→290円
×11/21 3088 マツモトキヨシHD CS Neutral→OP格上げ 2900円→2600円
×11/21 5233 太平洋セメント みずほ 2→3格下げ
×11/21 6923 スタンレー電気 みずほ 1→2格下げ 3260円→2740円
△11/21 9719 住商情報システム JPモルガン Neutral→Overweight格上げ 2400円
△11/21 7741 HOYA JPモルガン Overweight継続 5200円→5400円
◎11/21 3864 三菱製紙 日興C 2M→1M格上げ 250円→270円
○11/21 4631 大日本インキ 日興C 2H継続 540円→600円
×11/21 4543 テルモ 日興C 1M継続 6600円→6300円
×11/21 4201 日本合成化学工業 三菱UFJ 1→2格下げ
×11/21 4755 楽天 三菱UFJ 3→4格下げ 37000円
△11/21 6258 平田機工 大和 1継続 2250円→2330円
△11/21 7270 富士重工業 大和 3継続 600円→720円
×11/21 7267 ホンダ 大和 3継続 4500円→4200円
△11/21 7262 ダイハツ工業 大和 3継続 1120円→1160円
×11/21 7261 マツダ 大和 2継続 840円→820円
×11/21 7203 トヨタ自動車 大和 2継続 9100円→8500円
△11/21 7201 日産自動車 大和 3継続 1400円→1450円
△11/21 7269 スズキ 大和 2→3格下げ 3600円→3800円
○11/21 3088 マツモトキヨシHD 大和 3→2格上げ 2450円

日経平均は15,000円を割れてしまいました。昨日の後場のあげはヘッジファンドのショートカバーだそうです。
今日も日経平均は吐き気がするくらい下げてしまいました。どうせ下げるなら早く行くところまで行って欲しいものです。
今日の注目のレーティングは何といっても三菱製紙でしょう。今後の株価の動きに要注目です。

2007年11月20日の株式レーティング情報の考察

×11/20 5105 東洋ゴム UBS Neutral継続 610円→500円
△11/20 4004 昭和電工 UBS 新規Neutral 400円
○11/20 1662 石油資源 UBS Neutral継続 7600円→9000円
○11/20 1605 国際帝石 UBS Neutral継続 105万円→115万円
△11/20 7282 豊田合成 UBS Neutral継続 3800円→4100円
×11/20 5232 住友大阪セメント UBS Buy継続 420円→330円
×11/20 5233 太平洋セメント UBS Buy継続 690円→400円
○11/20 5016 新日鉱HD UBS Neutral→Buy格上げ 1100円
○11/20 5007 コスモ石油 UBS Neutral→Buy格上げ 500円
○11/20 5001 新日石 UBS Neutral→Buy格上げ 1000円→1050円
○11/20 6728 アルバック マッコーリー OP継続 4600円→5400円
×11/20 3436 SUMCO マッコーリー OP→Neutral格下げ 6500円→4000円
×11/20 3764 アッカネットワークス 大和 1継続 405000円→337600円
×11/20 8022 ミズノ CLSA OP→UP格下げ 770円
×11/20 6914 オプテックス CLSA BUY→OP格下げ 1900円
○11/20 9065 山九 野村 新規2
ばる11/20 3088 マツモトキヨシHD 野村 新規2
△11/20 6383 ダイフク 野村 3→2格上げ
○11/20 4062 イビデン GS 買い推奨継続 10000円→11000円
○11/20 5333 日本ガイシ GS 買い推奨継続 3400円→4500円
×11/20 6592 マブチモーター GS 売り推奨継続 7400円→7200円
×11/20 6708 エプソントヨコム GS 買い推奨継続 1100円→1000円
△11/20 6767 ミツミ電機 GS 中立継続 4100円→4500円
×11/20 6779 日本電波工業 GS 中立継続 7600円→6500円
×11/20 6967 新光電気工業 GS 中立継続 3100円→2800円
×11/20 6976 太陽誘電 GS 買い推奨継続 2700円→2400円
×11/20 6981 村田製作所 GS 買い推奨継続 9000円→8500円
×11/20 6996 ニチコン GS 中立継続 1700円→1200円
×11/20 6997 日本ケミコン GS 買い推奨継続 1400円→1000円
×11/20 3436 SUMCO GS 買い推奨継続 7000円→6000円強い買い推奨リスト削除
×11/20 6986 双葉電子工業 GS 中立→売り推奨格下げ 2800円→2400円
×11/20 6958 日本CMK GS 中立→売り推奨格下げ 1100円→800円
△11/20 6594 日本電産 GS 買い推奨継続 9500円→10500円強い買い推奨リスト新規採用
×11/20 7541 メガネトップ メリル 買い継続 2700円→2300円
×11/20 1812 鹿島 メリル 買い→売り格下げ
×11/20 1803 清水建設 メリル 買い→中立格下げ
×11/20 5110 住友ゴム モルガンS Equalweight継続 1450円→1250円
×11/20 5108 ブリヂストン モルガンS Equalweight継続 2750円→2450円
×11/20 4739 CTC モルガンS Overweight継続 6000円→5300円
×11/20 9613 NTTデータ モルガンS Underweight→Equalweight格上げ 47万円→46万円
×11/20 9684 スクウェアエニックス CS UP継続 2600円→2800円
×11/20 9613 NTTデータ CS OP継続 60万円→55万円
△11/20 1963 日揮 CS OP継続 2400円→2650円
×11/20 6762 TDK CS Neutral→OP格上げ 11000円→10000円
×11/20 6908 イリソ電子工業 JPモルガン Overweight継続 4100円→3700円
△11/20 4506 大日本製薬 JPモルガン 新規Neutral 900円
○11/20 4208 宇部興産 新光 2+→1格上げ
○11/20 2897 日清食品 みずほ 4→3格上げ
◎11/20 2873 加ト吉 みずほ 4→1格上げ 600円
○11/20 9021 JR西日本 みずほ 2継続 61万円→68万円
○11/20 4185 JSR みずほ 1継続 3500円→3700円
○11/20 4329 ワークスアプリ みずほ 1継続 130000円→152000円
○11/20 9020 JR東日本 みずほ 2→1格上げ 103万円→111万円
×11/20 4534 持田製薬 三菱UFJ 1継続 1500円→1370円
×11/20 1951 協和エクシオ 三菱UFJ 1→2格下げ
○11/20 1605 国際帝石HD 三菱UFJ 3→2格上げ 124万円
○11/20 8309 中央三井トラストHD 日興C 2H→1H格上げ 1300円
△11/20 4704 トレンドマイクロ 日興C 2H→1H格上げ 4700円→4900円
?11/20 3941 レンゴー 日興C 1M→2M格下げ 770円→880円
×11/20 3893 日本製紙グループ 日興C 2M継続 42万円→35万円
×11/20 3865 北越製紙 日興C 2M継続 640円→540円
×11/20 3861 王子製紙 日興C 2M継続 610円→550円

原油高を受け油田、元売りの好レーティングが目立ちます。
どうでも良い話ですが、今年8月にサブプライムローン問題が引き起こしたダウ下落に歯止めをかけるため中央銀行が資金供給しましたが、どうぜ資金を出すのであれば不良債権の受け皿機構でも作ってそこに資金供給すればいいのに。
お陰で株価を上げるはずが資金は商品市場に流れこんでインフレ懸念なんて、一般庶民はいい迷惑です。
日本をみならって早期に競売市場で叩き売って損失確定して欲しいものです。

2007年11月19日の株式レーティング情報の考察

×11/19 6287 サトー CLSA BUY→UP格下げ 2900円→2100円
×11/19 7537 丸文 ドイツ Hold継続 1360円→1100円
×11/19 5384 フジミインコーポ ドイツ Buy継続 3500円→3180円
△11/19 4186 東京応化工業 ドイツ Hold→Buy格上げ 2700円→2900円
○11/19 9021 JR西日本 UBS Neutral継続 59万円→60万円
○11/19 9020 JR東日本 UBS Neutral継続 95万円→96万円
△11/19 7240 NOK UBS Neutral継続 2500円→2300円
△11/19 6444 サンデン UBS Neutral継続 570円→600円
○11/19 9022 JR東海 UBS Neutral→Buy格上げ 136万円→142万円
×11/19 4739 CTC CS Neutral継続 5200円→3980円
×11/19 7860 エイベックスGHD CS OP→Neutral格下げ 2300円→1600円
×11/19 8056 日本ユニシス 三菱UFJ 2継続 2400円→2000円
×11/19 1833 奥村組 三菱UFJ 3→4格下げ
×11/19 2389 オプト 三菱UFJ 1→4格下げ
×11/19 6967 新光電気工業 メリル 買い継続 3550円→2960円
×11/19 9962 ミスミG 野村 2→3格下げ
△11/19 7915 日本写真印刷 野村 新規2
×11/19 7564 ワークマン 野村 2→3格下げ
×11/19 6134 富士機械製造 野村 2→3格下げ
○11/19 8729 SONY FH 野村 新規2 477300円
○11/19 9613 NTTデータ 野村 2→1格上げ
×11/19 8333 常陽銀行 野村 2→3格下げ
×11/19 6792 日本ビクター モルガンS Equalweight継続 360円→280円
×11/19 6773 パイオニア モルガンS Underweight継続 1400円→1000円
×11/19 6753 シャープ モルガンS Overweight継続 2300円→2200円
×11/19 6952 カシオ計算機 モルガンS Equalweight継続 2400円→1300円
○11/19 6752 松下電器産業 モルガンS Equalweight継続 2000円→2200円
×11/19 7513 コジマ モルガンS Equalweight→Underweight格下げ 1000円→600円
○11/19 6501 日立製作所 みずほ 4→3格上げ
△11/19 7261 マツダ HSBC Neutral→Overweight格上げ 680円
×11/19 4203 住友ベークライト 日興C 2M継続 800円→720円
×11/19 8281 ゼビオ 日興C 2H継続 4130円→4000円
×11/19 3028 アルペン 日興C 2H継続 2850円→2100円
△11/19 4182 三菱ガス 日興C 2H継続 1170円→1320円
○11/19 8308 りそなHD 日興C 2H→1H格上げ 35万円
×11/19 9107 川崎汽船 日興C 1M継続 1895円→1740円
△11/19 9104 商船三井 日興C 1M継続 2020円→2080円
△11/19 9101 日本郵船 日興C 2M→1M格上げ 1175円→1240円
×11/19 7451 菱食 日興C 2M継続 3000円→2430円
△11/19 6735 D&MHD 大和 2→1格上げ 600円
×11/19 2261 明治乳業 大和 3→4格下げ
×11/19 2264 森永乳業 大和 3→4格下げ
△11/19 3819 インテックHD 大和 2継続 2000円→2200~2300円

海運のレーティングは悪くありません。
バルチック指数は1万円乗せているとはいえ、世界同時株安と中国株が持ち直すまで海運は見送った方が良い気がしています。
11散々下げましたが、JRグループと松下、日立グループあたりは調子が良いようです。
個人的には”りそな銀行”のレーティングは暴落が底打った後の反転期には、為替の影響もあり内需関連から買われるでしょうから参考にしようと思っています。

2007年11月16日の株式レーティング情報の考察

△11/16 2810 ハウス食品 みずほ 3→2格上げ 2050円
○11/16 2432 DENA 楽天 新規A 90~100万円
×11/16 8795 T&DHD ドイツ Buy継続 10000円→8400円
×11/16 7729 東京精密 ドイツ Buy継続 5230円→3600円
△11/16 6752 松下電器 ドイツ Hold継続 2200円→2380円
×11/16 4503 アステラス製薬 ドイツ Hold継続 5800円→5500円
×11/16 5714 DOWAHD UBS Neutral継続 1360円→1000円
△11/16 5706 三井金属 UBS Neutral継続 510円→500円
△11/16 6995 東海理化 UBS Neutral継続 3400円→3500円
×11/16 5711 三菱マテリアル UBS Buy継続 810円→770円
△11/16 3727 アプリックス UBS Neutral継続 14万円→20万円
△11/16 5201 旭硝子 モルガンS Equalweight継続 1690円→1740円
△11/16 5711 三菱マテリアル モルガンS Equalweight継続 620円→680円
×11/16 7553 サザビー GS 中立継続 3200円→2900円
×11/16 6728 アルバック GS 中立継続 4600円→4300円
×11/16 6481 THK GS 中立継続 2800円→2500円
△11/16 2371 カカクコム GS 買い推奨継続 35万円→41万円
○11/16 9437 NTTドコモ CS Neutral継続 154000円→161000円
×11/16 2261 明治乳業 CS Neutral継続 700円→600円
△11/16 9989 サンドラッグ CS OP→Neutral格下げ 2800円→3000円
△11/16 9404 日本テレビ CS Neutral→OP格上げ 16600円
△11/16 4041 日本曹達 CS OP継続 700円→720円
×11/16 6806 ヒロセ電機 CS Neutral継続 14800円→14000円
○11/16 8795 T&DHD CS OP継続 8500円→8300円
○11/16 1662 石油資源開発 日興C 2H→1H格上げ 10200円→10400円
×11/16 2466 PGGIH 日興C 1H→2H格下げ 131000円→101000円
×11/16 6274 新川 日興C 1H継続 3500円→2500円
×11/16 6806 ヒロセ電機 日興C 2H→1H格上げ 16400円→16000円
×11/16 6274 新川 三菱UFJ 2→3格下げ
×11/16 4555 沢井製薬 三菱UFJ 3→4格下げ
△11/16 3774 IIJ 大和 1継続 511000円→578000円

沢井製薬、ジェネリック関連で持ち上げられたかと思いきや、あっという間に格下げです。新興銘柄のレーティングがチラホラ目立ってきたのが気になります。もうしばらく東証一部銘柄の持ち越しは見送りが続くのでしょうか。

2007年11月15日の株式レーティング情報の考察

×11/15 5801 古河電気工業 みずほ 2継続 680円→570円
△11/15 4568 第一三共 ドイツ Hold継続 3500円→3600円
×11/15 4528 小野薬品工業 ドイツ Buy継続 7200円→6900円
△11/15 4547 キッセイ薬品 ドイツ Buy継続 2700円→2900円
○11/15 6367 ダイキン工業 JPモルガン Overweight継続 5800円→6100円
×11/15 4022 ラサ工業 CS OP継続 540円→500円
×11/15 6976 太陽誘電 CS OP継続 3000円→2500円
×11/15 4091 大陽日酸 CS OP継続 1170円→1140円
×11/15 2433 博報堂DY CS Neutral→OP格上げ 8900円→8400円
×11/15 4800 オリコン 野村 2→3格下げ
△11/15 8815 東急不動産 三菱UFJ 2→1格上げ
△11/15 3591 ワコールHD 三菱UFJ 3→2格上げ 1400円
×11/15 6762 TDK UBS Neutral→Sell格下げ 9500円→7000円
△11/15 5471 大同特殊鋼 UBS Neutral→Buy格上げ 960円→980円
×11/15 5108 ブリヂストン UBS Buy→Neutral格下げ 3000円→2300円
△11/15 2389 オプト UBS Buy→Neutral格下げ 352000円→365000円
×11/15 5706 三井金属鉱業 モルガンS Equalweight→Underweight格下げ 670円→460円
△11/15 9401 TBS 日興C 2H→1H格上げ 3900円→3500円
×11/15 4188 三菱ケミカルHD 日興C 2M継続 990円→950円
×11/15 8304 あおぞら銀行 日興C 1H継続 600円→530円
×11/15 8303 新生銀行 日興C 2H→1H格上げ 600円→500円
△11/15 7717 ブイテクノロジー GS 中立継続 186000円→202000円
×11/15 6806 ヒロセ電機 GS 中立継続 16000円→15000円
×11/15 6701 NEC GS 買い推奨継続 800円→750円
○11/15 6367 ダイキン工業 GS 中立継続 5400円→5900円
×11/15 1963 日揮 GS 売り推奨継続 2200円→1950円
×11/15 5012 東燃ゼネラル石油 GS 中立継続 1300円→1150円
○11/15 8795 T&D HD GS 新規買い推奨 9230円
×11/15 5233 太平洋セメント 大和 3→4格下げ
○11/15 9984 ソフトバンク 大和 2継続 3000円→3300円
×11/15 9715 トランスコスモス 大和 2→3格下げ 2300~2400円→1290~1390円
○11/15 4676 フジテレビ 大和 新規3 198000円

特に気になるレーティングはありません。全体の地合が好転するまで東証一部銘柄の持ち越しは見送った方が良さそうです。

2007年11月14日の株式レーティング情報の考察

◎11/14 8258 OMCカード KBC 新規BUY 650円
×11/14 9513 Jパワー モルガンS Equalweight継続 4360円→4160円
×11/14 6479 ミネベア UBS Buy継続 1000円→900円
△11/14 4021 日産化学工業 UBS Buy継続 1700円→1750円
×11/14 6273 SMC UBS Neutral→Sell格下げ 15700円→12600円
×11/14 5110 住友ゴム UBS Buy→Neutral格下げ 1550円→1200円
×11/14 7947 エフピコ GS 買い推奨継続 6000円→3500円
×11/14 6273 SMC GS 中立継続 15800円→13800円
×11/14 8035 東京エレク 野村 2→3格下げ
×11/14 6481 THK 野村 2→3格下げ
×11/14 6273 SMC 野村 2→3格下げ
×11/14 1812 鹿島 野村 3→4格下げ
×11/14 5110 住友ゴム 野村 2→3格下げ
×11/14 6974 日本インター ドイツ Hold継続 390円→310円
×11/14 4502 武田薬品工業 ドイツ Hold継続 7500円→7100円
×11/14 7735 大日本スクリーン ドイツ Buy継続 1280円→1220円
△11/14 8035 東京エレクトロン ドイツ Hold→Buy格上げ 9060円→11200円
×11/14 4004 昭和電工 みずほ 1継続 520円→490円
△11/14 7960 パラマウントベッド みずほ 4→3格上げ
△11/14 8331 千葉銀行 みずほ 3→2格上げ 1200円
×11/14 6967 新光電気工業 日興C 1H継続 4000円→3700円
×11/14 5334 日本特殊陶業 日興C 1H→2H格下げ 2600円→2200円
△11/14 4062 イビデン 日興C 3H→2H格上げ 8300円→8800円
×11/14 4676 フジテレビ 日興C 1H→2H格下げ 310000円→229000円
×11/14 2476 テンプスタッフ 日興C 1M継続 225000円→190000円
×11/14 7251 ケーヒン 日興C 2H継続 2500円→2350円
×11/14 6502 東芝 日興C 2H継続 1100円→1000円
×11/14 5016 新日鉱HD 三菱UFJ 2継続 1050円→1000円
△11/14 5007 コスモ石油 三菱UFJ 3→2格上げ 500円
△11/14 4822 ハドソン 大和 3→2格上げ
×11/14 6146 ディスコ 大和 1→2格下げ 8000円→6800円
△11/14 4324 電通 大和 新規2 33万円
△11/14 2146 Uテクノロジー 大和 新規1 278900円

KBC証券のレーティングが気になります。OMCカード、長期でしばらく動きを追ってみたい銘柄です。

2007年11月13日の株式レーティング情報の考察

◎11/13 2121 ミクシィ CLSA BUY継続 120万円→180万円
×11/13 4817 JCOM GS 買い推奨継続 119000円→114000円
×11/13 7202 いすゞ自動車 GS 中立継続 590円→560円
×11/13 6361 荏原製作所 GS 売り推奨継続 500円→340円
△11/13 6796 クラリオン 野村 新規2
×11/13 6765 ケンウッド 野村 2→3格下げ
×11/13 2410 キャリアDC 野村 2→3格下げ
△11/13 7741 HOYA モルガンS Equalweight継続 4000円→4200円
×11/13 6201 豊田自動織機 UBS Neutral継続 5400円→4900円
×11/13 4043 トクヤマ UBS Buy→Neutral格下げ 2000円→1450円
△11/13 2503 キリンHD みずほ 1継続 2300円→2450円
×11/13 6902 デンソー みずほ 2→3格下げ
△11/13 6417 SANKYO CS OP継続 6300円→6400円
×11/13 7733 オリンパス CS Neutral継続 4900円→4600円
△11/13 4307 NRI CS OP継続 4300円→4500円
△11/13 6988 日東電工 CS OP継続 6600円→7000円
×11/13 8252 丸井G CS UP→Neutral格上げ 1250円→1050円
△11/13 1878 大東建託 CS Neutral→OP格上げ 5900円
△11/13 5332 TOTO CS Neutral→OP格上げ 880円
×11/13 5938 住生活グループ CS Neutral→OP格上げ 2300円→2000円
△11/13 4329 ワークスアプリ CS OP→Neutral格下げ 106000円→119000円
△11/13 7832 バンダイナムコHD CS OP継続 2100円→2300円
◎11/13 8729 SONY FH JPモルガン 新規Overweight 568000円
×11/13 7459 メディセオ メイル 買い継続 2700円→2000円
△11/13 6963 ローム メリル 売り→中立格上げ
△11/13 6952 カシオ計算機 メリル 中立→買い格上げ 1500円
×11/13 4539 日本ケミファ 三菱UFJ 1継続 630円→570円
△11/13 4507 塩野義製薬 三菱UFJ 2継続 2100円→2300円
×11/13 7202 いすゞ自動車 三菱UFJ 2継続 720円→620円
◎11/13 2121 ミクシィ 三菱UFJ 3→2格上げ
△11/13 6804 ホシデン 三菱UFJ 2継続 2200円→2300円
×11/13 9669 オークネット 大和 1→2格下げ 2400円→2600円
×11/13 3231 野村不動産HD 大和 1継続 6000円→5000円
◎11/13 2121 ミクシィ 大和 2継続 90万円→170万円
○11/13 4555 沢井製薬 大和 2継続 3750円→4250円
△11/13 9750 ソラン 大和 4→3格上げ
△11/13 9409 テレビ朝日 大和 新規3 177000円
×11/13 7202 いすゞ自動車 日興C 1H継続 800円→720円
△11/13 8601 大和証券グループ 日興C 2H→1H格上げ 1540円→1450円
◎11/13 8729 SONY FH 日興C 新規1H 588000円
△11/13 2873 加ト吉 日興C 3M→2S格上げ 480円

直近IPOのSONY FHが好レーティングを受けています。中長期投資の方は財産株として持っておくと良いように思います。一方のミクシィは好レーティングとはいえ短期割りきりで望みたいところです。

2007年11月12日の株式レーティング情報の考察

×11/12 1925 大和ハウス ドイツ Buy継続 2000円→1900円
○11/12 4631 大日本インキ 大和 3→2格上げ 600円
×11/12 4183 三井化学 大和 1→2格下げ 1200円→1050円
×11/12 6444 サンデン 大和 2→3格下げ 630円
×11/12 7947 エフピコ UBS Buy継続 5000円→4800円
×11/12 6958 日本CMK UBS Neutral継続 1350円→1100円
×11/12 6436 アマノ UBS Neutral継続 1700円→1450円
×11/12 5101 横浜ゴム UBS Neutral継続 870円→800円
×11/12 4812 ISID UBS Neutral継続 1250円→1100円
×11/12 6675 サクサHD みずほ 2→3格下げ
×11/12 5384 フジミインコーポ メリル 買い継続 4000円→3200円
×11/12 4202 ダイセル化学 メリル 買い→中立格下げ
×11/12 8983 クリードオフィス GS 中立継続 653000円→598000円
×11/12 8976 DAオフィス GS 中立継続 93万円→83万円
×11/12 8954 オリックス不動産 GS 中立継続 102万円→93万円
×11/12 8953 日本リテールファンド GS 中立継続 115万円→105万円
×11/12 8952 JRE GS 中立継続 151万円→137万円
×11/12 8951 日本ビルファンド GS 売り推奨継続 153万円→170万円
×11/12 3234 森ヒルズリート GS 買い推奨継続 139万円→98万円
強い買い推奨リスク削除
×11/12 5016 新日鉱HD GS 買い推奨継続 1400円→1270円
×11/12 6958 日本CMK GS 中立継続 1300円→1100円
×11/12 9749 富士ソフト GS 中立継続 2460円→1600円
×11/12 4966 上村工業 GS 買い推奨継続 1万円→9400円
△11/12 4507 塩野義製薬 GS 中立継続 2200円→2350円
×11/12 4183 三井化学 GS 中立継続 1150円→1100円
×11/12 6366 千代田化工建設 GS 中立継続 2550円→1600円
×11/12 8252 丸井G GS 中立継続 1250円→1100円
△11/12 7912 大日本印刷 GS 売り推奨→中立格上げ 1650円→1700円
×11/12 8252 丸井G 野村 3→4格下げ
×11/12 5714 DOWA HD 野村 2→3格下げ
△11/12 9432 NTT 野村 3→2格上げ
△11/12 8802 三菱地所 CS Neutral継続 2650円→2750円
△11/12 7282 豊田合成 CS UP継続 2400円→3300円
×11/12 6839 船井電機 CS UP継続 4500円→4300円
×11/12 4234 電通 CS Neutral継続 36万円→31万円
×11/12 3402 東レ CS Neutral継続 960円→860円
△11/12 2779 三越 CS Neutral継続 540円→544円
×11/12 8238 伊勢丹 CS OP→Neutral格下げ 2200円→1600円
×11/12 9759 日本システム CS OP→Neutral格下げ 1910円→1860円
△11/12 4901 富士写真フィルム CS OP継続 5800円→6200円
×11/12 7947 エフピコ 日興C 1H継続 5500円→4900円
△11/12 2914 JT 日興C 1M継続 75万円→81万円
△11/12 3774 IIJ 日興C 新規1H 52万円
△11/12 8604 野村HD 日興C 2M→1H格上げ 2610円→2500円
×11/12 8252 丸井G 日興C 2M継続 1500円→1200円
×11/12 8219 青山商事 日興C 2H→1H格上げ 3890円→3400円
×11/12 4324 電通 日興C 2M継続 380000円→326000円
×11/12 4114 日本触媒 日興C 2M継続 1220円→1190円
△11/12 3341 日本調剤 日興C 3H→2H格上げ 2000円→2400円
×11/12 8252 丸井G 三菱UFJ 1継続 1650円→1400円
△11/12 6503 三菱電機 三菱UFJ 2継続 1480円→1540円
△11/12 6952 カシオ計算機 三菱UFJ 4→3格上げ
×11/12 6976 太陽誘電 三菱UFJ 2継続 3000円→2400円
△11/12 4732 USS 大和 2継続 8300円→8150円
△11/12 4340 シンプレクステクノロジー 大和 2継続 52000~53000円
→57000円~58000円
△11/12 7862 トッパンフォームズ 大和 新規3
×11/12 9749 富士ソフト 大和 2→3格下げ
△11/12 3404 三菱レイヨン 大和 3→2格上げ

REIT(リート)の格下げが気になります。個人的には、基本的に利回りで評価されるものだと考えておりますので、レーティング引き下げを機に大きく値を下げるようだと絶好の買い場と考えています。

2007年11月9日の株式レーティング情報の考察

×11/9 6326 クボタ ドイツ Hold継続 1200円→1100円
×11/9 6502 東芝 ドイツ Hold継続 1100円→1000円
×11/9 6914 オプテックス CLSA BUY継続 3300円→2800円
△11/9 4568 第一三共 メリル 売り→中立格上げ
×11/9 8238 伊勢丹 GS 中立継続 1900円→1600円
×11/9 6113 アマダ GS 中立継続 1450円→1400円
×11/9 1808 長谷工コーポレーション GS 買い推奨継続 600円→500円
○11/9 6502 東芝 リーマン Underweight→Overweight格上げ 647円→1052円
×11/9 9437 NTTドコモ モルガンS Overweight継続 243000円→215000円
×11/9 9433 KDDI モルガンS Equalweight継続 951000円→916000円
△11/9 9783 ベネッセ UBS Buy継続 4600円→5000円
×11/9 7731 ニコン UBS Buy継続 4700円→4300円
×11/9 6481 THK UBS Sell継続 2700円→2100円
△11/9 5486 日立金属 UBS Buy継続 1700円→1750円
×11/9 5191 東海ゴム UBS Buy→Neutral格下げ 2500円→2400円
△11/9 4005 住友化学 UBS Neutral継続 850円→950円
×11/9 6770 アルプス電気 UBS Neutral→Sell格下げ 1250円
○11/9 8031 三井物産 UBS Neutral→Buy格上げ 2800円→3200円
×11/9 5344 MARUWA 野村 2→3格下げ
×11/9 6005 三浦工業 野村 2→3格下げ
×11/9 4205 日本ゼオン 野村 2→3格下げ
○11/9 7731 ニコン みずほ 1継続 4150円→5000円
△11/9 4971 メック みずほ 3→2格上げ
○11/9 2779 三越 みずほ 4→3格上げ
○11/9 8238 伊勢丹 みずほ 4→3格上げ
×11/9 4528 小野薬品工業 三菱UFJ 2継続 7000円→6500円
×11/9 9697 カプコン 三菱UFJ 1→2格下げ
○11/9 7832 バンダイナムコHD 三菱UFJ 2→1格上げ
△11/9 9990 東京デリカ 三菱UFJ 3→2格上げ
×11/9 9749 富士ソフト 三菱UFJ 2→3格下げ
△11/9 2327 NSSOL CS OP継続 3600円→3800円
○11/9 9766 コナミ CS OP継続 3700円→3800円
△11/9 6963 ローム CS OP継続 11600円→12500円
○11/9 7731 ニコン CS Neutral継続 2600円→3300円
○11/9 6503 三菱電機 CS OP継続 1370円→1690円
×11/9 6770 アルプス電気 CS Neutral→UP格下げ 1240円
○11/9 7832 バンダイナムコHD CS Neutral→OP格上げ 2100円
×11/9 4528 小野薬品工業 CS Neutral→UP格下げ 6600円→5000円
△11/9 2607 不二製油 CS Neutral→OP格上げ 1000円
◎11/9 6792 日本ビクター CS Neutral→OP格上げ 277円→334円
×11/9 6247 日阪製作所 コスモ A→B+格下げ
○11/9 5727 東邦チタニウム コスモ B+→A格上げ
○11/9 6503 三菱電機 JPモルガン Neutral→Overweight格上げ 1410円→1630円
△11/9 7239 タチエス JPモルガン 新規Overweight 1300円
×11/9 5714 DOWA HD 日興C 1M→2H格下げ 1400円→1200円
×11/9 8703 カブドットコム 日興C 1H→2H格下げ 18万円
△11/9 8701 SBIイートレード 日興C 2H継続 101000円→111000円
△11/9 9766 コナミ 日興C 2H継続 2800円→3100円
×11/9 9749 富士ソフト 日興C 1H→2H格下げ 3630円→2400円
○11/9 8238 伊勢丹 日興C 2M→1M格上げ 1900円→2100円
△11/9 6976 太陽誘電 日興C 3S→2H格上げ 2100円
△11/9 6963 ローム 日興C 1H継続 13000円→13500円
×11/9 6361 荏原製作所 日興C 3H継続 510円→300円
×11/9 6201 豊田自動織機 日興C 1M継続 7700円→6500円
×11/9 4528 小野薬品工業 日興C 1M継続 8000円→7700円
×11/9 4205 日本ゼオン 日興C 1H継続 1500円→1250円
×11/9 3433 トーカロ 日興C 2S→1S格上げ 3700円→3360円
×11/9 8953 日本リテールファンド 日興C 1L継続 131万円→116万円
×11/9 7203 トヨタ自動車 日興C 1M継続 13000円→9150円
×11/9 6800 ヨコオ 大和 2→3格下げ
△11/9 7220 武蔵精密工業 大和 2継続 4100円→4200円

三越、伊勢丹は為替円高を受けて内需関連物色の影響か。日本ビクターはレーティングを受けて派手に相場を作りました。

2007年11月8日の株式レーティング情報の考察

△11/8 5208 有沢製作所 ドイツ Buy継続 1280円→1440円
×11/8 6773 パイオニア ドイツ Hold継続 1400円→1250円
×11/8 9744 メイテック ドイツ Hold継続 3300円→3000円
△11/8 2875 東洋水産 みずほ 1継続 2550円→2600円
△11/8 6804 ホシデン みずほ 1継続 2100円→2200円
×11/8 7203 トヨタ自動車 みずほ 1継続 8700円→8600円
×11/8 7259 アイシン精機 みずほ 2→3格下げ
×11/8 4203 住友ベークライト CS Neutral継続 840円→700円
×11/8 4205 日本ゼオン CS Neutral継続 1420円→1100円
×11/8 4506 大日本製薬 CS Neutral継続 1400円→1000円
◎11/8 5706 三井金属鉱業 CS Neutral継続 450円→535円
○11/8 5812 日立電線 CS Neutral継続 700円→770円
×11/8 6971 京セラ CS OP継続 13000円→12000円
○11/8 9831 ヤマダ電機 UBS Buy継続 14000円→14300円
×11/8 7220 武蔵精密工業 UBS Neutral継続 3800円→3700円
×11/8 5016 新日鉱HD UBS Buy→Neutral格下げ 1100円
×11/8 6976 太陽誘電 UBS Buy→Neutral格下げ 3300円→2100円
×11/8 6135 牧野フライス モルガンS Overweight継続 1700円→1200円
×11/8 9831 ヤマダ電機 CLSA BUY→OP格下げ 13500円
△11/8 6816 アルパイン 野村 4→3格上げ
×11/8 4205 日本ゼオン GS 中立継続 1500円→1250円
×11/8 4506 大日本製薬 GS 中立継続 1250円→1100円
×11/8 7261 マツダ GS 買い推奨→中立格下げ 680円
×11/8 9202 全日空 日興C 1M→2M格下げ 530円→490円
×11/8 9069 センコー 日興C 1M継続 490円→420円
×11/8 9022 JR東海 日興C 1M継続 171万円→163万円
△11/8 9021 JR西日本 日興C 1M継続 76万円→77万円
×11/8 6923 スタンレー電気 日興C 1M継続 3200円→3300円
△11/8 6592 マブチモーター 日興C 2H継続 6900円→7700円
△11/8 6395 タダノ 日興C 2H→1H格上げ 1950円
×11/8 4569 キョーリン 日興C 3H→2H格上げ 1600円→1400円
×11/8 4506 大日本製薬 日興C 3M継続 1100円→900円
×11/8 3337 サークルKサンクス 日興C 2H→3H格下げ 1900円→1400円
△11/8 2897 日清食品 日興C 3L継続 3200円→3300円
△11/8 2875 東洋水産 日興C 2M→1M格上げ 2000円→2600円
×11/8 2811 カゴメ 日興C 3L継続 1300円→1100円
×11/8 4506 大日本製薬 メリル 買い継続 1600円→1300円
×11/8 6762 TDK メリル 買い継続 13200円→11800円
×11/8 9436 沖縄セルラー JPモルガン 新規Underweight 28万円
×11/8 6622 ダイヘン 三菱UFJ 1→2格下げ 860円→780円
○11/8 5727 東邦チタニウム 三菱UFJ 2→1格上げ 7800円
×11/8 4506 大日本製薬 三菱UFJ 2→3格下げ
×11/8 1911 住友林業 三菱UFJ 3→4格下げ
○11/8 4062 イビデン 三菱UFJ 2継続 10000円→10500円
△11/8 6804 ホシデン 三菱UFJ 新規2 2200円
○11/8 4813 ACCESS 大和 4→2格上げ 24~25万円→77~78万円
×11/8 6201 豊田自動織機 大和 2継続 6300円→6000円
○11/8 5855 アサヒプリテック 大和 2継続 3800円→4050円
△11/8 9438 MTI 大和 2継続 257000円→318000円

個人的に非鉄金属の動向はインフレ対策銘柄としてウォッチ対象。東邦チタニウムは好決算発表を受けて強いレーティング継続。イビデンも同様。新興ではACCESSの強いレーティングが気になりますが、新興は10月に派手に相場を作っただけにその反動が気になるところ。

2007年11月7日の株式レーティング情報の考察

×11/7 4042 東ソー 大和 2→3格下げ
△11/7 7259 アイシン精機 大和 2継続 5100円→5700円
△11/7 3861 王子製紙 大和 3→2格上げ
×11/7 8591 オリックス ドイツ Hold継続 31000円→24000円
×11/7 6268 ナブテスコ CLSA BUY→OP格下げ 2150円
△11/7 6282 オイレス工業 CLSA UP→OP格上げ 2780円
×11/7 6413 理想科学 CLSA BUY→OP格下げ 2500円
△11/7 4553 東和薬品 CLSA OP→BUY格上げ 5060円
×11/7 6326 クボタ UBS Neutral継続 1080円→1040円
×11/7 7312 タカタ UBS Buy継続 5200円→5000円
×11/7 6996 ニチコン UBS Neutral継続 1800円→1450円
×11/7 5105 東洋ゴム UBS Buy→Neutral格下げ 730円→610円
×11/7 5019 出光興産 UBS Buy継続 15000円→14300円
×11/7 5007 コスモ石油 UBS Neutral継続 530円→500円
◎11/7 9984 ソフトバンク UBS Sell継続 1700円→2400円
△11/7 2327 NSSOL モルガンS Overweight継続 4060円→4150円
△11/7 4684 オービック モルガンS Overweight継続 26200円→26000円
×11/7 2782 セリア みずほ 1→2格下げ
×11/7 9411 テレビ東京 CS Neutral継続 3900円→3800円
○11/7 6752 松下電器産業 CS Neutral継続 2360円→2560円
×11/7 4733 OBC CS Neutral継続 7300円→7100円
△11/7 4684 オービック CS OP継続 25000円→25500円
○11/7 4062 イビデン CS Neutral継続 8500円→8400円
○11/7 9831 ヤマダ電機 CS Neutral→OP格上げ 12400円→14200円
◎11/7 9984 ソフトバンク CS OP継続 3120円→3630円
×11/7 2664 カワチ薬品 GS 中立継続 3500円→3000円
△11/7 4661 オリエンタルランド GS 中立継続 6400円→7000円
×11/7 6996 ニチコン GS 中立継続 1750円→1700円
△11/7 5803 フジクラ GS 中立→買い推奨格上げ 870円→890円
△11/7 6471 日本精工 メリル 買い継続 1300円→1450円
×11/7 6135 牧野フライス製作所 野村 2→3格下げ
△11/7 6925 ウシオ電機 野村 3→2格上げ
△11/7 6268 ナプテスコ 日興C 2H継続 1800円→1950円
×11/7 5938 住生活グループ 日興C 2H継続 3000円→2000円
△11/7 5007 コスモ石油 日興C 3H→2H格上げ 540円
×11/7 4921 ファンケル 日興C 2M継続 1500円→1250円
△11/7 4912 ライオン 日興C 2M継続 610円→640円
×11/7 2664 カワチ薬品 日興C 3M→2M格上げ 3660円→3500円
×11/7 6432 竹内製作所 日興C 1H継続 9200円→8300円
×11/7 8571 NIS 日興C 1H継続 1640円→570円
△11/7 2801 キッコーマン 三菱UFJ 新規3
△11/7 6902 デンソー 大和 2継続 5300円→5800円
×11/7 5938 住生活グループ 大和 2継続 2500円→2000円
×11/7 3362 チムニー 大和 2継続 3000円→2500円

こうNY下落と日経平均下落が続くと、好レーティングより悪レーティングに反応してしまうようです。そんな中でもソフトバンクは新興市場の強さと共に頑張ってるように思います。

2007年11月6日の株式レーティング情報の考察

×11/6 6981 村田製作所 CLSA OP→BUY格上げ 10300円→8200円
×11/6 6702 富士通 CLSA BUY→UP格下げ 890円
×11/6 6665 エルピーダ ドイツ Hold継続 4000円→3500円
×11/6 7752 リコー CS Neutral継続 2500円→2400円
×11/6 4502 武田薬品 CS Neutral継続 8500円→7500円
×11/6 9513 Jパワー UBS Sell継続 3800円→3500円
×11/6 9507 四国電力 UBS Sell継続 2700円→2900円
×11/6 9511 沖縄電力 UBS Neutral継続 6800円→6200円
×11/6 9504 中国電力 UBS Neutral継続 2500円→2400円
×11/6 9503 関西電力 UBS Neutral継続 2800円→2700円
×11/6 9502 中部電力 UBS Neutral継続 3200円→3100円
×11/6 9509 北海道電力 UBS Buy→Neutral格下げ 2900円→2700円
×11/6 9508 九州電力 UBS Sell→Neutral格上げ 2900円
×11/6 9506 東北電力 UBS Neutral→Buy格上げ 2800円
△11/6 6861 キーエンス UBS Buy継続 26000円→27000円
×11/6 4568 第一三共 UBS Buy継続 4400円→4350円
×11/6 4507 塩野義製薬 UBS Neutral継続 2400円→2100円
×11/6 6361 荏原製作所 UBS Sell継続 450円→360円
○11/6 7757 日本電産サンキョー 新光 新規1
×11/6 3337 サークルKサンクス 野村 3→4格下げ
○11/6 3087 ドトール日レスHD モルガンS 新規Overweight 2300円
×11/6 8515 アイフル GS 中立継続 3830円→3100円
×11/6 6113 アマダ GS 中立継続 1650円→1450円
○11/6 4568 第一三共 GS 買い推奨継続 3800円→4100円
○11/6 4208 宇部興産 GS 買い推奨継続 460円→520円
○11/6 2440 ぐるなび GS 中立継続 14万円→16万円
○11/6 8572 アコム GS 売り推奨→買い推奨格上げ 3100円→4100円
強い買い推奨新規採用
○11/6 8564 武富士 GS 中立→買い推奨格上げ 3260円→4800円
強い買い推奨新規採用
×11/6 5367 ニッカトー みずほ 1継続 1250円→1050円
△11/6 3405 クラレ みずほ 1継続 1700円→1900円
△11/6 7276 小糸製作所 みずほ 1→2格下げ 1550円→1720円
×11/6 2875 東洋水産 みずほ 1継続 3000円→2550円
○11/6 3789 ソネットエンタテイメント メリル 買い継続 46万円→56万円
×11/6 4835 インデックス メリル 中立→売り格下げ
○11/6 6752 松下電器産業 メリル 買い継続 2300円→2800円
?11/6 3715 ドワンゴ メリル 買い継続 26万円→50万円
×11/6 7451 菱食 三菱UFJ 1継続 3770円→3420円
△11/6 8802 三菱地所 三菱UFJ 3→2格上げ
△11/6 6902 デンソー 三菱UFJ 1継続 4900円→5500円
△11/6 9681 東京ドーム 三菱UFJ 新規2
×11/6 3404 三菱レイヨン 日興C 1M継続 960円→860円
×11/6 6952 カシオ計算機 日興C 2M継続 2150円→1250円
△11/6 6503 三菱電機 日興C 1H継続 1650円→1700円
×11/6 4568 第一三共 日興C 1M継続 5300円→4800円
×11/6 7261 マツダ 日興C 1M継続 850円→800円
×11/6 4202 ダイセル化学工業 日興C 1M→2M格下げ 980円→900円
△11/6 7270 富士重工業 日興C 2M→1M格上げ 625円→760円
○11/6 6752 松下電器産業 日興C 1M継続 2500円→2650円
×11/6 6762 TDK 日興C 1H継続 12700円→12000円
×11/6 1951 協和エクシオ 日興C 2M継続 1370円→1130円
×11/6 1943 大明 日興C 1M→2M格下げ 1460円→1240円
×11/6 1721 コムシスHD 日興C 2M継続 1380円→1110円
△11/6 8772 アサックス 大和 2継続 33万円→36万円
○11/6 6952 カシオ計算機 大和 4→3格上げ

驚いたのはドワンゴの目標株価です。ちょっと高過ぎじゃないでしょうか?ニコニコ動画で評価されている同社ですが買収期待でもない限りこのバリュエーションは強すぎないかと思うのですが。

2007年11月5日の株式レーティング情報の考察

×11/5 4523 エーザイ ドイツ Hold継続 5200円→5000円
×11/5 8983 クリードOI GS 中立継続 681000円→653000円
×11/5 4536 参天製薬 GS 中立継続 3350円→3400円
○11/5 4217 日立化成工業 GS 買い推奨継続 3000円→3300円
×11/5 4188 三菱ケミカルHD GS 中立継続 1050円→950円
○11/5 5001 新日本石油 CLSA 新規OP 1100円
○11/5 5019 出光興産 CLSA 新規OP 14200円
×11/5 7205 日野自動車 モルガンS Equalweight→Underweight格下げ 795円→724円
×11/5 2873 加ト吉 みずほ 3→4格下げ
◎11/5 6952 カシオ計算機 みずほ 4→3格上げ
×11/5 9064 ヤマトHD UBS Buy→Neutral格下げ 2150円→1800円
×11/5 7296 エフシーシー UBS Neutral継続 2500円→2200円
△11/5 7261 マツダ UBS Neutral継続 730円→740円
×11/5 6278 ユニオンツール UBS Buy継続 7000円→5500円
×11/5 3337 サークルKサンクス UBS Neutral→Sell格下げ 1860円→1500円
△11/5 4912 ライオン UBS Neutral→Buy格上げ 670円→720円
×11/5 1928 積水ハウス UBS Buy→Neutral格下げ 2300円→1500円
×11/5 1925 大和ハウス工業 UBS Buy→Neutral格下げ 2300円→1600円
×11/5 6971 京セラ 三菱UFJ 2継続 14000円→12500円
×11/5 3605 サンエーインター 三菱UFJ 1継続 3500円→3400円
◎11/5 6952 カシオ計算機 三菱UFJ 4→3格上げ
△11/5 5563 日本電工 三菱UFJ 1継続 1600円→2200円
△11/5 4966 上村工業 野村 新規3
△11/5 4568 第一三共 野村 3→2格上げ
×11/5 5938 住生活グループ メリル 買い→中立格下げ
×11/5 7974 任天堂 メリル 買い→中立格下げ
△11/5 4902 コニカミノルタHD JPモルガン Overweight継続 2300円→2700円
×11/5 5332 TOTO CS Neutral継続 1050円→880円
×11/5 4188 三菱ケミカルHD CS Neutral継続 1170円→1030円
△11/5 4208 宇部興産 CS OP継続 470円→510円
×11/5 5943 ノーリツ CS Neutral継続 1750円→1700円
◎11/5 6952 カシオ計算機 CS UP継続 1280円→845円
△11/5 7751 キャノン CS Neutral継続 6900円→6400円
×11/5 6981 村田製作所 CS OP継続 10000円→8000円
△11/5 9427 イーアクセス 日興C 2S継続 61000円→82500円
○11/5 9432 NTT 日興C 2M→1M格上げ 59万円→61万円
×11/5 9433 KDDI 日興C 1M継続 110万円→100万円
△11/5 9984 ソフトバンク 日興C 2S→3S格下げ 2350円→2300円
△11/5 9437 NTTドコモ 日興C 2M→1M格上げ 165000円→200000円
×11/5 6971 京セラ 日興C 2H継続 12400円→11000円
×11/5 2873 加ト吉 日興C 1M→3M格下げ 850円→480円
△11/5 4208 宇部興産 日興C 2H継続 430円→460円
△11/5 4536 参天製薬 日興C 2M→1M格上げ 3200円→3400円
△11/5 4530 久光製薬 日興C 2M→1M格上げ 3500円→4000円

加ト吉は不祥事銘柄として叩き売られて当然。カシオ計算機は業績下方修正で大きく下落した後、いよいよ底値からの脱出がなるでしょうか?

2007年11月2日の株式レーティング情報の考察

×11/2 6448 ブラザー CLSA UP継続 1700円→1600円
△11/2 7262 ダイハツ工業 UBS Neutral継続 1100円→1200円
×11/2 5423 東京製鐵 UBS Neutral継続 1800円→1720円
×11/2 5108 ブリヂストン UBS Buy継続 3300円→3000円
△11/2 4902 コニカミノルタHD UBS Neutral継続 1900円→2050円
○11/2 7269 スズキ 三菱UFJ 2継続 3600円→3900円
×11/2 6768 タムラ製作所 三菱UFJ 2継続 740円→660円
△11/2 4902 コニカミノルタHD CS OP継続 2000円→2300円
×11/2 9404 日本テレビ CS Neutral継続 18500円→16600円
×11/2 4921 ファンケル CS OP継続 2100円→1700円
×11/2 4676 フジテレビ CS Neutral継続 28万円→22万円
×11/2 9449 GMOインターネット リーマン Overweight→Equalweight格下げ 700円→500円
△11/2 7205 日野自動車 日興C 1M継続 1000円→1020円
△11/2 9404 日本テレビ 日興C 2M→1M格上げ 184000円
◎11/2 8924 リサパートナーズ 日興C 1H継続 455000円→461000円
×11/2 6981 村田製作所 日興C 2H→1H格上げ 9000円→8600円
×11/2 4849 エンジャパン 日興C 1H継続 898000円→730000円
○11/2 3405 クラレ 日興C 1M継続 1730円→1850円
○11/2 8574 プロミス ドイツ Hold継続 3000円→3600円
△11/2 4902 コニカミノルタHD ドイツ Buy継続 2380円→2390円
×11/2 4676 フジテレビ ドイツ Buy→Hold格下げ 32万円→25万円
○11/2 9437 NTTドコモ 野村 3→2格上げ
×11/2 4849 エンジャパン 野村 2→3格下げ
△11/2 6954 ファナック みずほ 1継続 14800円→15200円
○11/2 7262 ダイハツ工業 みずほ 2→1格上げ 1300円→1640円
○11/2 9831 ヤマダ電機 GS 中立→買い推奨格上げ 11400円→13500円
△11/2 9404 日本テレビ GS 中立→買い推奨格上げ 18500円
×11/2 6760 カシオマイクロ GS 売り推奨継続 750円→520円
×11/2 4921 ファンケル GS 売り推奨継続 1600円→1200円
△11/2 4902 コニカミノルタHD GS 中立継続 2000円→2300円
×11/2 4676 フジテレビ GS 買い推奨→中立格下げ 31万円
強い買い推奨リスト削除
×11/2 2670 ABCマート GS 買い推奨継続 3400円→3100円
○11/2 8282 ケーズHD GS 新規買い推奨 3100円
強い買い推奨リスト新規採用
×11/2 2685 ポイント メリル 買い継続 10000円→7400円
×11/2 4676 フジテレビ メリル 中立→売り格下げ
×11/2 2501 サッポロHD メリル 買い→中立格下げ
△11/2 4185 JSR メリル 新規中立
○11/2 4203 住友ベークライト メリル 新規買い 870円
○11/2 4217 日立化成工業 メリル 新規買い 3300円
△11/2 4912 ライオン 大和 4→3格上げ

テレビ局はいくらレーティングが良くとも過去の株価推移からボックス相場を派手に抜ける事は考え難い。リサパートナーズは不動産証券化以外の業務展開もアグレッシブであり投資銀行的な長期成長が期待できる有望株とみている。

2007年11月1日の株式レーティング情報の考察

×11/1 8306 三菱UFJFG ドイツ Hold継続 1630円→1100円
×11/1 7631 マクニカ ドイツ Buy継続 3540円→3100円
×11/1 6724 セイコーエプソン ドイツ Hold継続 3450円→2350円
△11/1 6820 アイコム 日興C 2H→1H格上げ 3900円
△11/1 3407 旭化成 日興C 1M継続 980円→1030円
×11/1 6724 セイコーエプソン 日興C 2M継続 3500円→2850円
△11/1 7259 アイシン精機 日興C 1M継続 5600円→5700円
○11/1 7211 三菱自動車 日興C 2S継続 220円→245円
×11/1 6703 沖電気工業 日興C 3H継続 200円→160円
△11/1 6586 マキタ 日興C 2H継続 5100円→6000円
×11/1 5332 TOTO 日興C 2H継続 1200円→830円
△11/1 5001 新日本石油 日興C 3H→2H格上げ 1110円
×11/1 9501 東京電力 UBS Sell継続 3000円→2500円
×11/1 9474 ゼンリン UBS Neutral継続 3800円→3700円
△11/1 7259 アイシン精機 UBS Buy継続 5300円→5400円
△11/1 6586 マキタ UBS Buy継続 6500円→7000円
△11/1 5001 新日石 UBS Neutral継続 950円→1000円
×11/1 3401 帝人 UBS Neutral継続 670円→600円
△11/1 3116 トヨタ紡織 UBS Buy継続 3800円→4300円
×11/1 6807 日本航空電子 UBS Buy→Neutral格下げ 2100円→1950円
×11/1 9613 NTTデータ UBS Sell継続 55万円→50万円
△11/1 2501 サッポロHD KBC BUY継続 900円→1100円
×11/1 8218 コメリ GS 中立継続 3800円→3400円
△11/1 6586 マキタ GS 中立継続 5600円→5900円
△11/1 7951 ヤマハ GS 中立継続 2350円→2400円
○11/1 7205 日野自動車 GS 中立継続 650円→800円
×11/1 6733 パイオニア GS 中立継続 1590円→1580円
×11/1 3404 三菱レイヨン GS 中立継続 1000円→820円
×11/1 3401 帝人 GS 中立継続 700円→600円
△11/1 6752 松下電器産業 GS 買い推奨継続 2500円→2600
強い買い推奨リスト新規採用
△11/1 6471 日本精工 GS 中立継続 1100円→1200円
△11/1 6471 日本精工 みずほ 2→1格上げ 1400円
×11/1 7312 タカタ CLSA BUY→OP格下げ 4400円
△11/1 6976 太陽誘電 CLSA OP→BUY格上げ 2600円
○11/1 7974 任天堂 CS Neutral継続 57000円→75000円
○11/1 7259 アイシン精機 CS OP継続 5000円→5600円
○11/1 6902 デンソー CS OP継続 5200円→5400円
×11/1 3404 三菱レイヨン CS Neutral継続 960円→800円
×11/1 3401 帝人 CS Neutral継続 690円→550円
×11/1 6773 パイオニア CS UP→Neutral格上げ 1537円→1420円
×11/1 2433 博報堂DY CS OP→Neutral格下げ 8900円
△11/1 4555 沢井製薬 CS UP→Neutral格上げ 3100円
×11/1 8186 大塚家具 野村 2→3格下げ
×11/1 6841 横河電機 野村 2→3格下げ
△11/1 2501 サッポロHD 野村 4→3格上げ
△11/1 2502 アサヒビール 野村 3→2格上げ
△11/1 2503 キリンHD 野村 3→2格上げ
△11/1 9694 日立ソフト コスモ B→B+格上げ 2700円
○11/1 6301 コマツ コスモ 新規B+ 4600円
△11/1 4812 ISID 大和 3→2格上げ 1280~1290円
×11/1 2815 アリアケジャパン 三菱UFJ 1継続 3410円→3250円
×11/1 6981 村田製作所 三菱UFJ 1→3格下げ

自動車人気継続の一方で半導体不人気も継続。村田製作所は決算発表の結果を受けて容赦ない格下げが相次いている模様。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ執筆のヤル気継続のためクリック協力お願いします。。。