スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月19日

試験続きのためしばらくデイトレできません。
スポンサーサイト

12月18日の株式レーティング情報の考察

△12/18 8185 チヨダ 野村 新規3
×12/18 8011 三陽商会 CS OP継続 1030円→860円
×12/18 7752 リコー UBS Neutral継続 2600円→2300円
×12/18 8011 三陽商会 GS 中立継続 900円→760円
×12/18 3754 エキサイト GS 売り推奨継続 12万円→113000円
×12/18 2454 オールアバウト GS 中立継続 105000円→9万円
×12/18 2450 一休 GS 中立継続 14万円→114000円
?12/18 2440 ぐるなび GS 中立継続 16万円→21万円
?12/18 2371 カカクコム GS 買い推奨継続 41万円→50万円
○12/18 7013 IHI GS 買い推奨再開 380円
△12/18 6436 アマノ GS 新規買い推奨 1600円
×12/18 8403 住友信託銀行 リーマン Overweight→Equaulweight格下げ 1220円→960円
×12/18 8411 みずほFG リーマン Overweight→Equaulweight格下げ 80万円→65万円
×12/18 8306 三菱UFJ FG リーマン Overweight→Equaulweight格下げ 1600円→1300円
?12/18 8304 あおぞら銀行 リーマン Equaulweight→Overweight格上げ 440円
×12/18 8316 三井住友FG みずほ 1継続 149万円→135万円
×12/18 8306 三菱UFJFG みずほ 2継続 1570円→1400円
△12/18 2678 アスクル みずほ 3→2格上げ 3200円
△12/18 8308 りそなHD みずほ 3→2格上げ 25万円
×12/18 8011 三陽商会 三菱UFJ 2継続 900円→750円
×12/18 2910 ロックフィールド 三菱UFJ 1継続 2430円→2270円

今日の注目レーティングは特にありません。銀行でも強弱マチマチです。日経平均の全体基調は弱きで個別銘柄物色中心の動きになるのでしょうか。
新年度になれば12月決算の外資系の新たない資金流入がいつまで続くかは別として少しは期待できる気もしていますが。

12月18日前場

新興の主力ミクシィ、(旧)主力DeNAが強いためか、今日は新興が元気が良い。
しかし、前場の早い段階から少し飛ばし過ぎているのが気にかかる。
新興はあまり早いタイミングで値を飛ばし過ぎると崩れるケースも記憶している。

今日の決算発表予定企業は以下の通り。
スリープロ、西松屋チェーン、平和堂

12月17日の株式レーティング情報の考察

×12/17 7013 IHI CS Neutral継続 280円→250円
○12/17 8002 丸紅 マッコーリー 新規OP 1385円
×12/17 4238 ミライアル メリル 買い継続 8500円→6800円
×12/17 4813 ACCESS UBS Neutral→Sell格下げ 26万円
?12/17 9507 四国電力 リーマン 新規Underweight 2500円
?12/17 9532 大阪ガス リーマン 新規Equaulweight 450円
?12/17 9531 東京ガス リーマン 新規Equaulweight 530円
?12/17 9508 九州電力 リーマン 新規Equaulweight 3030円
?12/17 9505 北陸電力 リーマン 新規Equaulweight 2510円
?12/17 9504 中国電力 リーマン 新規Equaulweight 2510円
?12/17 9502 中部電力 リーマン 新規Equaulweight 3150円
?12/17 9509 北海道電力 リーマン 新規Overweight 3000円
?12/17 9506 東北電力 リーマン 新規Overweight 3050円
?12/17 9503 関西電力 リーマン 新規Overweight 3140円
?12/17 9501 東京電力 リーマン 新規Overweight 3330円
×12/17 4238 ミライアル 三菱UFJ 2→3格下げ
△12/17 8129 東邦薬品 三菱UFJ 1継続 2350円→2400円
○12/17 6807 日本航空電子工業 GS 新規買い推奨 2100円
×12/17 8403 住友信託銀行 みずほ 2継続 1490円→1200円
×12/17 8355 静岡銀行 みずほ 2継続 1500円→1450円
×12/17 8354 ふくおかFG みずほ 2→1格上げ 1000円→970円
×12/17 5016 新日鉱HD みずほ 2→3格下げ
×12/17 7013 IHI 日興C 2H→2S変更 370円→270円
△12/17 9751 TIS 大和 1継続 2560円→2840円
○12/17 6849 日本光電工業 大和 新規2 3000円
○12/17 1412 チャイナボーチー 大和 新規2 228000円

今日の注目レーティングは特にありません。チャイナボーチのレーティングは、来年のテーマが環境とする有識者が多い証左でしょうか。

シャリア指数構成銘柄

先々週でしたか、ソニーにオイルマネーが投資したのを契機にオイルマネーの動向に注目が集まっているようです。
どういう銘柄にオイルマネーが入るのか判断する際の参考としてシャリア指数という言葉を最近目にします。
構成銘柄は以下の通り。

●1925大和ハウス工業
●1928積水ハウス
●2267ヤクルト本社
●2802味の素
●2897日清食品
●3401帝人
●3402東レ
●3405クラレ
●3407旭化成
●4005住友化学
●4063信越化学工業
●4185JSR
●4188三菱ケミカルHD
●4452花王
●4502武田薬品工業
●4503アステラス製薬
●4523エーザイ
●4535大正製薬
●4543テルモ
●4568第一三共
●4689ヤフー
●4901富士フイルムHD
●4902コニカミノルタHD
●4911資生堂
●5108ブリヂストン
●5201旭硝子
●5332TOTO
●5333日本碍子
●5401新日本製鐵
●5405住友金属工業
●5411JFE HD
●5713住友金属鉱山
●5802住友電気工業
●5803フジクラ
●5901東洋製罐
●5938住生活グループ
●6201豊田自動織機
●6273SMC
●6301小松製作所
●6326クボタ
●6367ダイキン工業
●6501日立製作所
●6503三菱電機
●6752松下電器産業
●6753シャープ
●6758ソニー
●6762TDK
●6806ヒロセ電機
●6857アドバンテスト
●6861キーエンス
●6902デンソー
●6954ファナック
●6963ローム
●6971京セラ
●6981村田製作所
●6988日東電工
●6991松下電工
●7201日産自動車
●7203トヨタ自動車
●7240NOK
●7267本田技研工業
●7269スズキ
●7741HOYA
●7751キヤノン
●7752リコー
●7912大日本印刷
●7974任天堂
●8035東京エレクトロン
●8113ユニ・チャーム
●8802三菱地所
●9062日本通運
●9064ヤマトHD
●9104商船三井
●9432日本電信電話
●9437NTTドコモ
●9531東京瓦斯
●9613NTTデータ
●9735セコム
●9984ソフトバンク

パッと見、メチャクチャ優良企業ばっかりですww。新しくできたばかりの指数らしいですが、本当にオイルマネーに買われるようだと今後注目されるでしょう。今度の動向に注目です。

12月17日新興

マザースボロボロ。その中でも、先週末決算発表の3248アールエイシは上昇率トップ。不動産銘柄で不人気セクターだが、決算が良ければどうやら素直に買われる模様。

直近IPOのウェブマネーは見せ場なし。注目して買っていた人たちが新興市場の地合の悪さのため一時撤退したような気がする。買い向かうエネルギーも感じられない。

今日は2170LINK&MがIPO。IPOで人気化しやすい1株単元、最近のIPO初日の地合の良さのため特別買い気配値切り上げ中でデイトレで狙っている人たちも多いのだろう。
ただ、デイトレのさや取りで狙われているだけでストップ高つけるような事にはならないだろうから、リターンの割にリスクが高く手を出さない方が無難だろう。

急落突っ込みの投資手法では、2432DeNAに注目している人たちも多かったのかも知れないが、今日は寄りは高く始まったもののズルッと6%ほど急落している。

商い低水準。エネルギー不足のため、物色の中心は300円未満の低位株・仕手株と見て良いのだろうか。

12月17日前場の市況

先週末NYの大幅下落を受けて日経平均はマイナスで始まる。
ラジオ日経では外国人のクリスマス休暇の話題が取り上げられた。
年末、商少ない時期、米国で大手投資銀行決算発表が重なる時期のため、主力銘柄に比べ仕手系の銘柄に注目が集まりそうな気もしないでもない。

なお、今日の決算発表予定企業は以下のとおり。
正栄食品、アスクル、コーセル、ユーストア

12月14日株式レーティング情報の考察

◎12/14 6367 ダイキン工業 JPモルガン Overweight継続 6100円→6500円
×12/14 8306 三菱UFJFG HSBC Overweight→Underweight格下げ 950円
×12/14 4666 パーク24 みずほ 3→4格下げ
×12/14 8332 横浜銀行 みずほ 1→2格下げ 1100円→1050円
×12/14 8331 千葉銀行 みずほ 2継続 1200円→1100円
×12/14 8830 住友不動産 モルガンS Equaulweight継続 4550円→4330円
×12/14 8802 三菱地所 モルガンS Overweight継続 3900円→3780円
×12/14 8801 三井不動産 モルガンS Overweight継続 3860円→3710円
×12/14 8316 三井住友FG モルガンS Equaulweight継続 104万円→95万円
×12/14 8306 三菱UFJ FG モルガンS Equaulweight継続 1340円→1200円
×12/14 8411 みずほFG モルガンS Overweight継続 84万円→71万円
×12/14 9411 テレビ東京 GS 売り推奨継続 3400円→3200円
×12/14 9409 テレビ朝日 GS 中立継続 26万円→222000円
×12/14 9404 日本テレビ GS 買い推奨継続 18500円→18000円
×12/14 4676 フジテレビ GS 中立継続 31万円→24万円
○12/14 3086 Jフロント 日興C 新規1M 1300円
○12/14 8961 森トラストRE 日興C 2L→1L格上げ 165万円→160万円
△12/14 2309 シミック 三菱UFJ 1継続 37500円→39000円
△12/14 4530 久光製薬 三菱UFJ 新規3
○12/14 7867 タカラトミー 大和 新規2 900~950円

金融・不動産のレーティングが悪い。来週は火曜にGS、水曜にモルスタ、木曜にベアスターンズの決算発表が予定されている。従って、金融・不動産セクターは、いいところまで下がったからと言ってヘタに買わない方が無難だろう。

リートの好レーティングが目立つ。物色の方向性としては、①好配当銘柄、②好業績銘柄が無難な気がする(但し、当面、東証一部は不人気セクターの金融・不動産・非鉄・海運は避けた方が無難に思う)。

①の銘柄選別には日経会社情報の月別配当利回りランキングが参考になるかも知れない。
②の銘柄選別には四季報が王道だと思う。

12月14日の個別銘柄

今日発売の会社四季報目を通しました。
日経平均はどうやら強引にSQ日にプットオプション価格15,500割れまで持ってきたようですが、こういうメジャーSQという特殊要因で市場が売り一辺倒の時こそ、中長期でアホールドできそうな好業績銘柄の個別銘柄を個人的には拾う方向で考えています。
具体的な銘柄名は秘密ですww。好業績期待銘柄に興味がある方々は、時間がある週末にでも今日発売の四季報を研究されてみては如何でしょうか。

12月14日

今日は体調不良につきお休みです。
ちなみに今日は四季報発売日です。

12月13日株式レーティング情報の考察

△12/13 6925 ウシオ電機 ドイツ Buy継続 3480円→3530円
△12/13 7731 ニコン ドイツ Buy継続 4500円→4600円
×12/13 8848 レオパレス21 CS Neutral継続 4100円→3400円
○12/13 6417 SANKYO JPモルガン 新規Overweight 6900円
×12/13 8358 スルガ銀行 GS 買い推奨継続 1900円→1820円
×12/13 8355 静岡銀行 GS 売り推奨継続 1050円→1205円
×12/13 8354 ふくおかFG GS 中立継続 800円→755円
×12/13 8331 千葉銀行 GS 中立継続 1120円→1090円
×12/13 8327 西日本シティ GS 中立継続 540円→400円
×12/13 3407 旭化成 GS 中立継続 1000円→900円
×12/13 8545 関西アーバン GS 買い推奨継続 650円→500円
×12/13 8545 関西アーバン GS 買い推奨継続 650円→500円
×12/13 2121 ミクシィ GS 新規中立 180万円
×12/13 8339 東京都民銀行 GS 中立→買い推奨格上げ 5200円→5000円
×12/13 8332 横浜銀行 GS 買い推奨→中立格下げ 1110円→990円
×12/13 8328 札幌北洋HD GS 中立→売り推奨格下げ 130万円→113万円
×12/13 6330 東洋エンジニアリング GS 新規売り推奨 590円
×12/13 8377 ほくほくFG GS 買い推奨継続 500円
強い買い推奨リスト新規採用
○12/13 9437 NTTドコモ みずほ 2→1格上げ 25万円
×12/13 4922 コーセー 三菱UFJ 2→3格下げ
×12/13 2267 ヤクルト本社 日興C 1M→2M格下げ 3400円→3000円
?12/13 7974 任天堂 大和 2→1格上げ 9万円

金融株に弱いレーティングが目立つ。NTTドコモは去年の大納会で上げた記憶があります。配当狙いの買いも入っているとか。

日経平均は先物主導で下げる展開。個別銘柄は先のコメントでも記載しましたが、好決算が期待できそうな銘柄を買うのが無難かも知れません。

個別銘柄物色のポイントは、やはり業績で選別するのが王道な気もする。というのも私はプロでないが、プロも需給が良いので買いましたというより、業績と業績見通しが良いので買いましたという方が説明がつけやすいのではないかという気がするから。

mixiのレーティングと昨日のフルスピードの反応を見ると、これまで上昇した株価水準が高いものは避け、むしろこれまで下げた銘柄で好業績が期待できそうな銘柄に妙味がある気がする。ラジオ日経でも言及していたが、最近のレーティング引き上げ理由のコメントに”株価が十分下げたから”というものも多いらしい。これまで下げた好業績期待銘柄に期待したい。

12月13日の後場市況

急落銘柄多し。コメントを参考にキャッシュポジションで難を逃れた方々はおめでとうございます。

自分にも言い聞かせている事ですが、株式投資で最大限の注意を払わなければいけないのは、欲に溺れて大きな利益を取りに行く事ではなく、むしろ常に懐疑的過ぎるくらいに慎重に損を出さない事のように思う。

ちなみに、15、500円プットオプションはあと69ポイントでin the moneyです。

12月13日の後場市況

ラジオ日経の石原さんによるとプットオプションの取り組み状況も増えてきており、SQに向けて売り方優勢の一つの示唆のような話。私も同様の見方で、ヘッジファンドは力技で下げにくるとみている。個人投資家も下落相場ではプットオプションを持ち先物で売り崩し大きな利益を出すという手法は身につけておいた方が良いかも知れない。普通の個人投資家には抵抗があるとしても日本市場には外国人以外買い支える主体がいないから買い一辺倒でやっててもしょうがない・・・

昨日の予想外の上昇には違和感を覚えましたが、コメントを参考に日経平均売りで利益をあげられた方々はおめでとうございます。

12月13日の後場

今日は上値重くデイトレには厳しい地合のように感じる。キャッスポジションで様子見したいところ。

12月13日後場市況

直近IPO強い。

12月13日後場

垂れ垂れかと思ったが新興下落後、下げ渋る。一応、補足。

12月13日の後場

後場垂れ垂れになる銘柄多し。今日はデイトレ危険か?新興は手出し無用が無難か?

12月13日の市況

今晩の米国はリーマンブラザーズが決算発表予定。日本でもノンリコに積極的な会社ですしサブプライム問題で良い材料にはならない気がしています。

本日の日本の決算発表予定企業は以下の通り。
アスカネット、くらコーポ、メビックス、パーク24、東京ドーム

12月13日個別銘柄

日経平均下落トレンドが読めている場合でも、日経平均先物をやるのが怖い方々も多いでしょう。そういう時は、日経平均指数連動型ETFの1305、1310、1320、1610、1612を信用売りするという方法もあります。
トレンド進行中でブレる場合もあるので、余力の3分の1程度しか建てないのが無難でしょう。

大きくリターンを狙うのではなく、トレンドを的確に見極め損しない事が株式投資の王道のように思います。

ちなみに金相場が上昇トレンドにあると思えば、ETF1328を買えばいいし、中国バブルがはじけると思えばETF1309を売れば良いでしょう。

12月13日前場の市況

今日の日経平均は下落。SQに向け順調に下落の模様。
外資系寄り付き前注文動向は売り越しの模様。
米系は売り買い交錯、欧州系は売りの模様。欧州系のポジションを見ると露骨に売りで利益を狙いに行く所もある気がする。サブプライムで損した投資銀行はアグレッシヴな運用で利益挽回を図っているのかも知れない。

株は売りの方が儲かる。買いはジリジリ3%上昇するのに相当のエネルギーを要するが、ズルズル下げの相場では6%~9%すぐ下がる。ただ、個人投資家の場合、売れる銘柄にも制限がある。
買い中心の場合、チャンスの時しかトレードしないしかないだろう。年がら年中トレードしていたら急落の餌食になる。
今日は今のところノーポジで様子見が無難な地合のようだ。
とはいえ、このまま後場、売り場になるかはわからない。最近、後場に動き始めるから。

12月12日の株式レーティング情報の考察

×12/12 5384 フジミインコーポ ドイツ Buy継続 3180円→2970円
?12/12 7013 IHI CLSA UP→OP格上げ 280円
?12/12 9101 日本郵船 モルガンS Underweight→Equaulweight格上げ 1159円→1000円
?12/12 9104 商船三井 モルガンS Overweight継続 1966円→1900円
?12/12 9107 川崎汽船 モルガンS Equaulweight→Overweight格上げ 1607円→1450円
×12/12 8574 プロミス UBS Neutral継続 4300円→3300円
×12/12 8572 アコム UBS Neutral継続 4600円→2800円
×12/12 8564 武富士 UBS Sell継続 4100円→2700円
×12/12 8515 アイフル UBS Sell継続 3000円→1800円
△12/12 8697 大阪証券取引所 UBS 新規Buy 70万円
×12/12 8571 NIS GS 中立継続 1360円→315円
△12/12 4568 第一三共 GS 買い推奨継続 4100円→4500円
△12/12 4547 キッセイ薬品 GS 中立継続 2150円→2400円
△12/12 4536 参天製薬 GS 中立継続 3400円→3050円
△12/12 4528 小野薬品工業 GS 中立継続 6200円→6000円
△12/12 4523 エーザイ GS 中立継続 5800円→5000円
△12/12 4503 アステラス製薬 GS 中立継続 5900円→5500円
△12/12 4502 武田薬品 GS 中立継続 8350円→7850円
△12/12 4535 大正製薬 GS 売り推奨→中立格上げ 2400円→2250円
×12/12 4506 大日本製薬 GS 中立→売り推奨格下げ 1100円→800円
△12/12 4508 田辺三菱製薬 GS 中立→買い推奨格上げ 1600円→1400円
△12/12 4519 中外製薬 GS 中立→買い推奨格上げ 2400円→2500円
強い買い推奨リスト新規採用
○12/12 7908 KIMOTO 三菱UFJ 2→1格上げ 1050円
×12/12 8403 住友信託銀行 CS Neutral継続 1254円→940円
×12/12 8303 新生銀行 CS Neutral継続 544円→415円
×12/12 8308 りそなHD CS Neutral→OP格上げ 30万円→268000円
△12/12 7974 任天堂 楽天 A継続 9.4~10万円→12~13万円
×12/12 2432 DENA みずほ 2→3格下げ
○12/12 6991 松下電工 みずほ 3→2格上げ
×12/12 9531 東京ガス みずほ 2→3格下げ
△12/12 3249 産業ファンド 大和 新規3
△12/12 8956 プレミア投資法人 大和 3→2格上げ
△12/12 8968 福岡リート投資法人 大和 3→2格上げ
△12/12 8982 TOPリート 大和 3→2格上げ
△12/12 7752 リコー 日興C 2M→1M格上げ 2950円
△12/12 6621 高岳製作所 日興C 新規2H 155円
△12/12 6622 ダイヘン 日興C 新規2M 720円
○12/12 6641 日新電機 日興C 新規1M 790円
×12/12 6005 三浦工業 日興C 1M継続 3900円→3450円
△12/12 9531 東京ガス 日興C 2L→1L格上げ 506円→680円

今日は金融関連のレーティング引き下げが目立ちます。ディフェンシヴの製薬のレーティグも目立ちます。クレディのIHIのレーティングは個人的には凄いレーティングするなという印象です。カンリポスト入りの銘柄の格上げとはアグレッシヴなレーティグです。
新興市場が元気な日は気分が良い方も多い事でしょう。

ラジオ日経のコメンテーターは今日の日経平均は強さが目立つとのこと。ザラ場に聴いてない人は聴くと勉強になると思います。

12月12日後場個別銘柄の状況

GMOグループ特別買い気配だったものがいきなり崩れる。
好材料の状況で明日以降の動きを考えた時、気持ち悪い現象に思える。

12月12日の市況

GMO15:29分現在、買板が売り板を上回る。

12月12日個別銘柄

予想した3769、3788ストップ高買い気配。恩恵に授かった方々はおめでとうございます。
ただ、GMOが売買停止なんだけど買板より売板が多いのが何か気持ち悪いです・・・

12月12日後場の独り言

今日の後場は新興が元気が良い。
ただ、JASDAQは基本的に避けた方が無難に思う。直近IPO以外イマイチ人気ない印象がある。
また、直近IPOで人気のウェブマネーをスイングで狙いたい気持は分かるけど、今日はマイナススタートなので、プラススタートの日からの参入が無難で遅くない気がする。
今日はマザーズが面白そうです。

12月12日個別銘柄、GMO

GMOストップ高。ヤフーの資本参加報道。
GMOは買えないので、こういう時は3769、3788が狙い目か。

このIT再編が新興ITにも良い影響をもたらす事を期待。

12月12日後場の注目銘柄

株価水準が安い銘柄では、サイバーエージェント、ngiが強い。
動きに注目。

12月12日後場市況

今日はマザーズ指数も堅調。
昨日までと比べたら印象的には強い感覚がある。
今日は新興で後場急騰狙いのデイトレ可能かも知れない。

12月12日の戦略

ラジオ日経によると商いは1兆円満たない。
エネルギー不足から、どうやらトレンドは金曜SQに向けて売りで無難な気もする。
エネルギーがある上昇期での利益確定の下げ局面でないので押し目買いはズルズル下げの餌食となり禁物な気がする。

12月12日前場の市況

昨日、米国FOMCで0.25%の利下げ発表。景気減速懸念にも言及。これまで、前倒しで0.5%利下げ、また、事前の0.5%の大幅利下げ期待も多かったため、失望売りを誘いダウは大幅に下落。
日経平均はそれを受け寄り付きから大幅下落。昨日までは先物は16,000で膠着状態だったが、どうやら今週金曜のSQに向けて売り方優勢で決した気もする。
指数連動型の銘柄は避けたい。東証一部では株安の反動で原油・資源高を示唆する個別銘柄の動きもみられる。

ラジオ日経によると、ヘッジファンド担当者は売りでパフォーマンスが高い日本市場として理解されているらしい。なぜなら外国人以外に国内で買い向かう勢力がないから。
比較的ハッキリしたイメージのトレンド的には金曜のSQに向けて先物”売り”が無難かもしれない。

個別銘柄物色は商い乏しく地合が弱い状況では決算銘柄以外、材料に乏しく動きにくい。
個別銘柄物色のトレンドはどうやら株価水準が高い銘柄(ミクシィ、DeNA)から安い銘柄に組み替えが起こっている気がする。三井松島や住友石炭のような市況関連を除いて、これまで商品市況との関連性も薄く人気となったミクシィのような株の押し目狙いは避けた方が無難かも知れない。

ただ、直近IPOは株価水準が若干高くても押し目の妙味はある気がしている(但し、値動き激しく心臓には悪い)。

<まとめ>
●日経平均→SQに向けて売り(比較的無難)。
●新興→押し目の過信禁物(30万円未満の安い銘柄に妙味あり)。
●一部→米国株安から商品市況に資金流出に注意を払い市況関連銘柄に注目(油断は禁物)。
●直近IPO→弱くはないが勝負するには相当の精神力を要する。
●決算銘柄→今の地合では材料性に高いため比較的無難。

<決算発表予定>
学情、アヲハタ、フルスピード。
フルスピードは決算は流行りのビジネスモデルなので良い気がするが、株価がすでに高い水準なので折込済なのではないかと決算期待で買うにはリスクが高い気がする。注目はフルスピードが好決算の場合、同業種で株価が安いアイレップあたりがどう動くかということ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ執筆のヤル気継続のためクリック協力お願いします。。。