スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月22日(日)株式マーケットトレンドの考察

ひさしぶりの更新です

2008年度の株式マーケットのテーマは環境となったようです。
中でも燃料電池は大相場となったようです。

さて、次のテーマですが、農業あたりが面白いかと思っています。
シカゴ商品先物市況ではコーンの上昇が目立ちます。
直近の日経でもカーギルのコーンシロップ、セブンアンドアイの農業参入が報じられました。
世界経済がオイルマネーにBRICSのお金持ちを加えた金余り人たちが商品市場に資金逃避
する一方、サブプライムが招いた景気減速、すなわちスタグフレーション懸念の声が多いようです。
農業関連ではコープケミカルの動きに注目です。

一部では、水産関連も少し前に人気化したようです。
水産関連では、マグロ養殖技術でニッスイが面白そうです。

日経平均全体としては、これまで為替を見ながら動いていましたが、少し前の要人発言でドル安が止まった事、にもかかわらず日本株の外国人買いが続いている事から、どっちに行くかわかりません。
ただ、極端な上昇トレンド、下落トレンドではなく、しばらく方向感乏しい持合い相場なのではないかという気もしています。
日経平均はトレンドが見極めずらくボラティリティーが高い相場ですので、個人的には個人投資家に人気が出そうな低位・低単元株やテーマ株以外は手を出したくないところです。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログ執筆のヤル気継続のためクリック協力お願いします。。。